« 【書評】本当は怖いだけじゃない放射線の話 | Main | 開業八年目に突入 »

September 01, 2011

東電 イズ バーニング

 落語家・立川談慶がアナーキーの東京・イズ・バーニングの替え歌を作り、それをアナーキー・SDRの仲野茂が激唱。ギターはSDRの内藤幸也が担当。
 
 東電 イズ バーニング

 
 オリジナルはこちら。
 
 東京イズバーニング

 
 かなりむちゃくちゃなバンドですが、中学時代の思い出のロックバンド。
 
 
 Twitter Icon
by Twitter Badges
 twitterやってます。気軽にフォロー下さい。   http://twitter.com/fptakimoto

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c

|

« 【書評】本当は怖いだけじゃない放射線の話 | Main | 開業八年目に突入 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/52620698

Listed below are links to weblogs that reference 東電 イズ バーニング:

« 【書評】本当は怖いだけじゃない放射線の話 | Main | 開業八年目に突入 »