« 【書評】女子の幸福論 | Main | 東電 イズ バーニング »

August 01, 2011

【書評】本当は怖いだけじゃない放射線の話

 
 大震災の直後に買って読みました。(書評は忙しい日が続き4ヶ月も遅れてしまいました(汗)。)
 
 原発事故直後の、いわゆる「安全」を連呼する御用学者の話と違って、比較的中立で書いてある本です。
 
 本自体は、原発事故よりずっと前に書かれていて(いわゆる平常時の書籍)、危機的な福島原発の事故が実際に起きた後の本ではないので、バイアスがかかっていないことも評価できます。
 
 高校時代、化学と原子力反応が好きだったこともあり、非常に興味深く読むことが出来ました。
 
 放射線の不安を払拭するためにも、ある程度の知識をつけることは重要ではないかと思います。
 
 
 本当は怖いだけじゃない放射線の話 
 
 ・人間の体は放射線を出している
 ・ジャンボ機は放射線の真っ只中を飛ぶ
 ・自然放射線の強い地域では、ガンの死亡率が低い
 ・放射線で損傷した細胞は修復される
 ・胎児や子どものほうがダメージを受けやすい
 ・放射線は体内に溜まらない
 
  
 Twitter Icon
by Twitter Badges
 twitterやってます。気軽にフォロー下さい。   http://twitter.com/fptakimoto

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c

|

« 【書評】女子の幸福論 | Main | 東電 イズ バーニング »

書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/52366332

Listed below are links to weblogs that reference 【書評】本当は怖いだけじゃない放射線の話:

« 【書評】女子の幸福論 | Main | 東電 イズ バーニング »