« 一年ぶりのゴルフ | Main | 【書評】言いたいことが確実に伝わる メールの書き方 »

January 17, 2011

【書評】国家の命運

 
 先日、運よく著者の「藪中 三十二」先生のお話を少人数で直接伺う機会に恵まれ、1時間半ほど外交について講義を受けました。
 
 元外務次官と思えないほどの、物腰の柔らかな、温厚な感じの話しぶりで、講義に引き込まれました。
 
 本屋に行くと、この本がベストセラーの2位の場所にあって即購入。
 
 190ページと読みやすい分量で、電車の中であっという間に読みきりました。
 
 
 まだ退官されたばかりで、未だ「公人」としての立場があるからでしょう、主張は柔らかめです。
  
 内容は、外交官の仕事とはどういうものかを、バランスよく、知的で穏やかに綴ってあります。
 
 アメリカ、中国、北朝鮮などのお国柄や、外交担当者とのやりとりは興味深いものがあります。
 
 是非一読下さい。良書。
 
 
 国家の命運  薮中 三十二 (著)
 

 
 Twitter Icon
by Twitter Badges
 twitterやってます。気軽にフォロー下さい。   http://twitter.com/fptakimoto

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c

|

« 一年ぶりのゴルフ | Main | 【書評】言いたいことが確実に伝わる メールの書き方 »

書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/50627866

Listed below are links to weblogs that reference 【書評】国家の命運:

« 一年ぶりのゴルフ | Main | 【書評】言いたいことが確実に伝わる メールの書き方 »