« 振興銀破綻、業務停止命令…初のペイオフ発動へ | Main | 「金融円滑化法」延長へ »

September 10, 2010

新司法試験 合格率、過去最低の25.4%

 
 当初の話とは全く違う方向へ・・・・・・
 
 自己責任といわれればそれまでですけど・・・・・
 
 毎日新聞より ----------
 
 新司法試験 合格率、過去最低の25.4%
 
 Shinnshigraph
 新司法試験の合格率の推移
 
 法務省は9日、法科大学院の修了者を対象とした5回目の新司法試験の合格者を発表した。
 
 合格者数は2074人(男性1482人、女性592人)で昨年をわずかに上回ったが、合格率は25.4%と4回連続の低下で過去最悪を更新した。
 
 政府は02年、司法試験合格者数を今年をめどに年3000人に増員する方針を閣議決定していたが、目標を大きく下回った。

 社会人経験者など法学部以外の学部出身者が多い未修者(3年)コースの合格率は17.3%で、法学部出身者向けの既修者(2年)コースの37.0%の半分以下にとどまった。
 
 新試験で3回の受験資格を使い切って不合格になった受験者も806人に上った。
 
 法科大学院全74校から過去最多の8163人が受験。
 
 合格者の最高年齢は66歳で、平均年齢は29.1歳だった。
 
 出身法科大学院別の合格者は東京大が201人でトップ。以下▽中央大189人▽慶応大179人▽京都大135人▽早稲田大130人の順で、上位5校は昨年と同じ順。
 
 合格率のトップは慶応大(50.4%)だった。
 
 上位校と下位校の格差は大きく、上位5校で合格者の4割を占めた。鹿児島大、姫路独協大の両法科大学院は合格者がなかった。
 
 
 ◇未修者にリスク大きく

 新司法試験制度は、社会人経験者や法学部以外を卒業した「法学未修者」にも法曹への門を開くことが狙いの一つにある。法科大学院の教育も、未修者をいかに合格させられるかが問われる。だが、5回目を迎えても未修者合格率は1割台の狭き門で、志願者には大きなリスクが伴うのが現状だ。(以下省略)
 ---------------------
 
 キャリアを捨てて、収入も捨てて、数千万単位の投資をして1割の合格率です・・・・・・・・・
 
 賢明な社会人は、普通進まないですねww
 
 
 Twitter Icon
by Twitter Badges
 twitterやってます。気軽にフォロー下さい。   http://twitter.com/fptakimoto

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c

|

« 振興銀破綻、業務停止命令…初のペイオフ発動へ | Main | 「金融円滑化法」延長へ »

新司法試験」カテゴリの記事

Comments

 新・司法試験のこと、制度の趣旨からは、全員合格的なことではないのですかね。よくわかっていませんが。ロースクールで法律家を養成し、その確認チェックくらいが司法試験の役割ではないのですかね。何か中途半端な制度になっているのではないでしょうか。

Posted by: のぐちくにを | September 12, 2010 at 07:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/49405101

Listed below are links to weblogs that reference 新司法試験 合格率、過去最低の25.4%:

« 振興銀破綻、業務停止命令…初のペイオフ発動へ | Main | 「金融円滑化法」延長へ »