« 【雑誌】週刊ダイヤモンド twitter 特集 | Main | 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁 »

January 19, 2010

日航マイレージ、発行済み優待券は削られず

 
 Jal 今日(1月19日)付けで、日本航空(JAL)は会社更生法を申請し、実質上破綻しました。
 
 債権者の権利が大幅に制限される、この会社更生法の下、気になるマイレージと株主優待券の権利でしたが、利用者離れをこれ以上加速させないための措置として、引き続き使えることが決まったようです。
 
 大口債権者から見ると、若干不平等な気もしますが、会社再建前提の会社更生法なので、そこは大目に見るよりほかは無かったのでしょう・・・・
 
 産経新聞より ----------
 
 日航マイレージ、発行済み優待券は利用可能 ツアーも実施へ 
  
 日本航空が会社更生法の適用を申請し法的整理に基づく再建を目指すことになり、利用者への影響が懸念されている。
 
 再建を主導する企業再生支援機構では、マイレージやすでに発行された株主優待券は従来通りに使えるようにするなど、利用者の混乱回避に全力を挙げる。
 
 飛行距離に応じてポイントが付与されるマイレージは航空券のほか、大手スーパーなどのポイントとも交換でき、日航の会員は昨年3月末で約2200万人に上る。
 
 ポイントはこれまで通り、航空券の購入に使えるほか、提携企業もポイント交換に応じる方針だ。ただ、ポイントの交換率が変更される可能性もある。
 
 マイレージは、2001年に破綻(はたん)した豪アンセット・オーストラリア航空で失効した例はあったが、支援機構では、混乱回避に加え、利用者離れを防ぎ、再建に支障が出ないようにするため、いち早く全面保護を宣言した。(以下省略)
 ----------------------
 
 預金の全額保護にも似たような特例です。
 
 利用者あっての航空会社ですから・・・・・・・・
 
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

 最近、時節柄か、解雇・退職がらみの相談が大きく増加しています。
 
 経営者の皆様、問題を抱え込まないで、リーズナブルな費用でお悩みを大きく軽減するタキモト・コンサルティング・オフィスを是非ご利用下さい。(解雇・退職絡みのトラブルご相談は一件5万円より承っております、弁護士の紹介も承ります。)

|

« 【雑誌】週刊ダイヤモンド twitter 特集 | Main | 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/47339235

Listed below are links to weblogs that reference 日航マイレージ、発行済み優待券は削られず:

« 【雑誌】週刊ダイヤモンド twitter 特集 | Main | 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁 »