« 【書評】クラッシュ・マーケティング | Main | ハローワーク臨時開庁、求職や住まい相談 »

December 29, 2009

【日航再建】法的整理を有力視

 
 連続してこういう記事が出ると言うことは、年末を越える資金がショートしているのでは、と勘繰りたくなってしまいます。
 
 JAL労組も、否応無しに年金減額を応諾させられたようですが、それも無駄に終わりそうな予感。
 
 
 産経ニュースより --------
 
 【日航再建】法的整理を有力視 支援機構、事前調整型を検討
  
 日本航空の経営再建をめぐり、同社が支援要請している官民出資の「企業再生支援機構」が、民事再生法や会社更生法に基づく法的整理による再建を有力な選択肢として検討していることが29日、分かった。
 
 日航への出融資などの支援策やリストラ計画を決めた上で、法的整理を申請する「プリパッケージ(事前調整)型」を活用する。
 
 日本政策投資銀行など主力銀行団や政府と調整し、1月中旬にも日航支援の是非を決定する方針だ。(以下省略)
 ----------------------
 
 
 ロイターより------------
 
 JAL年金減額計画に最大労組など3労組が同意の意向
 
 日本航空(JAL)<9205.T>に対する公的支援の前提となっている年金債務の圧縮に不可欠な年金減額について、同社の全8労組のうち最大労組のJAL労働組合を含む3労組が、会社側減額案の受け入れに前向きな姿勢を表明した。
 
 JAL広報担当者が28日明らかにした。
 
 最終的な判断は組合員個人に委ねられるが、3労組の組合員全員が同意すれば、会社側提案の実現に必要な現役社員の3分の2超の同意を確保できる見通しとなり、年金減額の実現性が高まる。
 
 今回意見表明したのはJAL労組と日本航空機長組合、および旧日本エアシステム(JAS)の地上職員による日本航空ジャパン労働組合。
 
 JAL労組は「必要な措置と考える」と表明、機長組合と日本航空ジャパン労組はそれぞれ「減額を受け入れざるを得ない」と会社側に回答したという。(以下省略)
 --------------------
 
 あと2日(銀行営業日は明日までですね)、資金繰りがついているのかどうか・・・・・・・・
 
 
 
  
 2009年10月3日セミナーDVD好評発売中です!特典DVDのこり僅か。
 士業・コンサルタント開業の駆け込み寺

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

 最近、時節柄か、解雇・退職がらみの相談が大きく増加しています。
 
 経営者の皆様、問題を抱え込まないで、リーズナブルな費用でお悩みを大きく軽減するタキモト・コンサルティング・オフィスを是非ご利用下さい。(解雇・退職絡みのトラブルご相談は一件5万円より承っております、弁護士の紹介も承ります。)
 

|

« 【書評】クラッシュ・マーケティング | Main | ハローワーク臨時開庁、求職や住まい相談 »

経営コンサルタント」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/47147092

Listed below are links to weblogs that reference 【日航再建】法的整理を有力視:

« 【書評】クラッシュ・マーケティング | Main | ハローワーク臨時開庁、求職や住まい相談 »