« 日航年金削減に2案…不足分減額か基金解散 | Main | 【ネタ】バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件 »

November 11, 2009

ガソリン税は50円程度…環境税の概要固まる

 
 ガソリン暫定税率の廃止は、馬鹿げた話だと批判していた私ですが、全部廃止っぽい話をしていた民主党の着地が50円(3円程度の減税)とは、呆れる話であります・・・・・・
 
 
 読売新聞より ---------
 
 ガソリン税は50円程度…環境税の概要固まる
 
 環境税の概要が10日固まった。
 
 焦点となっているガソリンに対する課税については、欧州連合(EU)が加盟国に求めている基準(1リットル当たり約47円)以上、暫定税率を上乗せした現行税率(1リットルあたり53・8円)を下回る範囲にとどめる方向で50円程度で調整している。
 
 石炭や天然ガスへの課税は現在の石油石炭税に上乗せして対応する。
 
 二酸化炭素排出量1トンあたりの税率は石炭が291円、天然ガスが400円とEU諸国の2分の1から3分の1程度にとどまっており、それぞれ新たに上乗せした税率を環境税として位置づける。
 
 2010年4月の暫定税率廃止と同時期の実施を目指す。
 
 環境省は11日の政務三役会議で決定し、政府税制調査会に提出する方針だ。
 ------------------
 
 一回民主党がごねて26円ほど下がった石油の価格、政権を取ったのだから26円下がるのかと思いきや、たったの3円です・・・・・・・・
 
 空公約はどこへ行ったのでしょう。
 
 衆愚政治は、失敗して相当痛い目にあわないと分からない圧倒的多数の人たちの票によって成り立っているのかなと・・・・・・・

  
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

 最近、時節柄か、解雇・退職がらみの相談が大きく増加しています。経営者の皆様、問題を抱え込まないで、リーズナブルな費用でお悩みを大きく軽減するタキモト・コンサルティング・オフィスを是非ご利用下さい。(解雇・退職絡みのトラブルご相談は一件5万円より承っております、弁護士の紹介もできます。)

|

« 日航年金削減に2案…不足分減額か基金解散 | Main | 【ネタ】バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件 »

政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/46740193

Listed below are links to weblogs that reference ガソリン税は50円程度…環境税の概要固まる:

« 日航年金削減に2案…不足分減額か基金解散 | Main | 【ネタ】バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件 »