« こんな夜中に内容証明郵便作成中 | Main | 久しぶりに、大宮の先へ »

October 27, 2009

住友信託銀行と中央三井トラストが経営統合へ

 
 両行ともこの記事を否定していますが、真相はいかに・・・・・・
 
 産経新聞 ----------
 
 住友信託銀行と中央三井トラストが経営統合へ
 
 住友信託銀行と中央三井トラスト・グループが平成23年春をめどに経営統合する方向で協議入りしたことが27日、分かった。
 
 統合すれば資金量で国内信託銀行首位、銀行グループとしては5位となる。
 
 中央三井には、約2千億円の公的資金が残っており、議決権の約30%を握る株主でもある金融庁とも、統合に向けた調整を進める。
 
 両社の親密先である三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、日興コーディアル証券を傘下におさめるなど規模の拡大を進めている。
 
 三井住友FGは、三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグループのライバル2メガと比べ、信託銀行を持たないデメリットがある。
 
 住友信託銀と中央三井は、信託専業銀行同士で統合して規模拡大を目指す。また、
 
 信託機能の充実を求める三井住友FGと対等な関係を維持していく狙いもあるとみられる。
 --------------------
 
 私が銀行に入った、平成元年には、都市銀行13行+信託銀行7行+長期信用銀行3行がありました。
 
 その中で未だに名前が変わらないで存続している銀行はなんと「住友信託銀行」だけです。
 
 徹底した危機管理が、不良債権にも押しつぶされず生き残ってきた強みといわれていますが、ついに合併するのでしょうか。
 
 主導権を握るのは、間違いなく「住友信託銀行」なのでしょうが・・・・・・・
 
 
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

 最近、時節柄か、解雇・退職がらみの相談が大きく増加しています。経営者の皆様、問題を抱え込まないで、リーズナブルな費用でお悩みを大きく軽減するタキモト・コンサルティング・オフィスを是非ご利用下さい。(解雇・退職絡みのトラブルご相談は一件5万円より承っております)
 

|

« こんな夜中に内容証明郵便作成中 | Main | 久しぶりに、大宮の先へ »

金融」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/46597933

Listed below are links to weblogs that reference 住友信託銀行と中央三井トラストが経営統合へ:

« こんな夜中に内容証明郵便作成中 | Main | 久しぶりに、大宮の先へ »