« 仕事の打ち合わせ at一橋クラブ | Main | 算定基礎届終了 »

July 02, 2009

新人いびり? パワハラの末路

 
 部下に対する強い指導が行き過ぎて、パワハラ認定を受けるケースが増えていますが、「愛の鞭」か「パワハラ」かの線引きは司法の場でも難しい価値判断になることが多い様です。
 
 本件では、明らかに行き過ぎで、退職者の損害賠償が認められそうな案件ですが、その賠償金は地元市民の税金から支払われるということになります・・・・・
 
 J-CASTニュースより------------
 
 新人いびり?で5人退職 松戸市消防局が幹部ら処分
 
 千葉県松戸市消防局で、1万回の腕立て伏せなどのしごきを受けた新人消防士5人が退職していたことが、2009年7月1日に分かった。
 
 同消防局では、同日、当時の企画管理室長ら幹部を含む11人を減給などの処分にしたことを明らかにした。
 
訓練に参加したのは、05年度採用の消防士10人。
 
 06年3月から2か月間の訓練で、指導職員が、新人にコンクリート上で1時間正座させたり、「ぶっ殺してやる」などの暴言を吐いたりした。 
 
 退職を強要されたとする消防士は、休日に呼び出されたうえ、腕立て伏せ1万回を命じられ、ダウンする800回までやらされたという。
 
退職者のうち4人は4月、松戸市に計1210万円の損害賠償を求める訴えを起こしている
 ------------------------------
 
 最近こう言った「理由無きしごき」の話はあまり聞きませんが、最終的には経営者の責任に跳ね返ってきますので、会社を経営する立場の人は「他山の石」として、時々自社の従業員に同様の事例が無いかをチェックする必要があるのではと思います。
 
 自治体は税金で損害賠償しますが、会社は一歩間違うと倒産になってしまいますので・・・・・・
 
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

|

« 仕事の打ち合わせ at一橋クラブ | Main | 算定基礎届終了 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/45519742

Listed below are links to weblogs that reference 新人いびり? パワハラの末路:

» パワハラ事件に思うこと…テメ~そんなに偉いんかい?! [おきらく社労士のどたばた雑記帳@マジメ]
30日でしたっけ、パワハラにより自殺した係長さんの記事が新聞に載ってました。これ以外にも、某消防署では1万回の腕立て伏せを命じて、800回ダウンとか…     嫌な事件が続きますねぇ… パワハラにより自殺した係長さんのことについては、にいじまさん(元越後の虎さん)のブログに書かれてあります。 某消防署のことについては、たきもとさんのブログに書かれてあります。 ... [Read More]

Tracked on July 03, 2009 at 01:15 PM

« 仕事の打ち合わせ at一橋クラブ | Main | 算定基礎届終了 »