« 「ネトゲ廃人」 | Main | 楽天市場、1日に30億円売上げ 09年の最高に »

June 12, 2009

表現の自由に対する規制

 
 ロースクールに行くまでは気にもした事の無かった権利「表現の自由」ですが、実は一番大切な憲法上の権利です。
 
 国家が暴走する時、必ず国家に都合のいいように、情報をコントロールされます(歴史が証明しています)。
  
 フランスも、それで痛い目にあったことがあるので、一見悪くなさそうな表現の自由の規制に対してもきっちり違憲の判断を出しています。
 
 国家に対して都合の悪い人は、違法DLとしてネット接続を禁止できるようになります。
 
 そこを考慮して、違法DLの人でも保護したフランスは偉いですね・・・・・・ 
 
 
 読売新聞より ---------- 
 
 違法ダウンロード常習者への接続切断は「違憲」…フランス
 
 フランスの違憲審査機関・憲法評議会は10日、音楽や映画の著作権を守るため、インターネットからの違法なダウンロードを繰り返した利用者が3回警告を受けると、行政機関がネット接続を強制切断できるとした新法について違憲判断を下した。
 
 民主政治への参加や自由な意見表明の手段としてネットが不可欠となり、「その接続は憲法が保障する人権にあたる」とした。
 
 新法は、CDやDVDの販売がこの5年で半減し、雇用不安にまで発展した音楽・映画関連産業の嘆願を受け、サルコジ政権が「ネット空間は無法地帯たるべきではない」として制定を主導、5月に成立した。
 
 政府が新たな執行機関を設立し、違法ダウンロードの常習者を追跡。
 
 特定の違反者にあてた警告が3回に達した時点で、同機関がプロバイダーに強制切断を命令できるという内容だった。
 
 野党などは「違法行為の監視は警察国家への道」「ネット接続を奪うのは人権侵害」などと反発し、違憲審査を求めていた。
 
 憲法評議会の決定は、1789年のフランス革命直後に採択され、憲法の前文となった「フランス人権宣言」が基本的人権の一つとして定める通信・表現の自由には、「広範に普及したネットへの接続が含まれる」と明記。
 
 切断の可否は行政機関でなく、裁判所の判断に委ねるべきものとした。(以下省略)
 ------------------------
 
 表現の自由の規制は、蟻の一穴から崩れるような脆い物です。
 
 違法ダウンロード常習者を契機とした、ネット接続の規制を、違憲と判断したフランス憲法裁判所には敬意を表します。
 
 
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

|

« 「ネトゲ廃人」 | Main | 楽天市場、1日に30億円売上げ 09年の最高に »

「LAWSCHOOL」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/45313373

Listed below are links to weblogs that reference 表現の自由に対する規制:

« 「ネトゲ廃人」 | Main | 楽天市場、1日に30億円売上げ 09年の最高に »