« 行政書士試験合格者発表 | Main | 【書評】巨大銀行の消滅 »

January 28, 2009

製造業の派遣・請負40万人、3月までに失業

 
 日が変わって今日(1月28日)、某大手製造業の正社員(35才前後)を対象に、CFPとしてライフプランセミナーを行います。
 
 この講義は、毎年一回オファーがあります。
 
 大手の正社員対象なので、今まではあまりライフプランを意識しなくても、定年まで勤めればOK的な感じだったのですが、流石に今年は大きく潮目が変わったように思います。
 
 講義を真剣に聞いて頂けるチャンスでもあります。
 
 
 読売新聞より抜粋 --------
 
 製造業の派遣・請負40万人、3月までに失業…業界団体試算

  製造業で働く派遣・請負労働者約40万人が今年3月までに職を失うとの見通しであることが27日、業界団体の試算でわかった。
 
 製造派遣事業や構内請負事業の業者でつくる「日本生産技能労務協会」と「日本製造アウトソーシング協会」が、同日開かれた自民党の労働者派遣問題研究会(座長=長勢甚遠元法相)で明らかにした。
 
 両団体には120社が加盟し、昨年9月時点で約25万人が雇用されていた。
 
 しかし、昨年12月後半から1月上旬にかけ、聞き取り調査を行った結果、「雇い止め」や契約の途中解除により、3月末までには4割の約10万人が失業すると推計した。
 
 未加盟の企業も含め、全国の製造業の派遣・請負労働者は約100万人とされており、全体の失業者は40万人に達すると見積もった。(以下省略)
 -----------------------
 
 人員削減の波は、非正規雇用の人ばかりでなく、正社員にも襲い掛かってきそうです。
 
 日本的正社員制度(英語でもSeishainと言うそうです)の根幹から変わってしまうターニングポイントに来ているように思えます。
 
 
  ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 
 成長する会社の、経営・労務管理・ファイナンス・労働コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

|

« 行政書士試験合格者発表 | Main | 【書評】巨大銀行の消滅 »

経済記事一般」カテゴリの記事

Comments

受験予備校や通信教育はやたらと「不況だから資格を」と言っていますが・・・
資格=食べていけるではないと思うのですが。
優秀な技術者が育たなくなってしまったら、本当に未来が心配です。weep

Posted by: あかりん | January 28, 2009 at 11:13 PM

 あかりん先生
 
 いつもコメントありがとうございます。

 受験予備校は、相当経営が厳しそうですが、不況を逆手に取って不安を「煽り」、数字を伸ばしているようで・・・・・
 
 前から、「煽り」はとくいなこの業界ですから(笑)

Posted by: owner | January 29, 2009 at 03:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/43878649

Listed below are links to weblogs that reference 製造業の派遣・請負40万人、3月までに失業:

« 行政書士試験合格者発表 | Main | 【書評】巨大銀行の消滅 »