« 第40回社会保険労務士試験終了 | Main | 夏バテか・・・・・ »

August 26, 2008

外資系金融、過去1年で1109人リストラ

 
 私が思っていたよりずっと少ない数字です。
 
 日本で働いていた外人が大部分リストラされたということなのでしょうか・・・・・
 
 
 asahi.comより抜粋 ----------------------
 
 外資系金融、過去1年で1109人リストラ
 
  この1年間にサブプライム問題でリストラされた日本の外資系金融機関の従業員数は1109人――。
 
 外資系金融への人材紹介を手がけるエグゼクティブ・サーチ・パートナーズ(ESP)が、こんな調査結果をまとめた。
 
 サブプライム関連の損失額が膨らんだ米系企業でのリストラが7割以上を占めたという。

 日本に拠点がある外資系の銀行、証券会社、資産運用会社、ヘッジファンド、投資ファンドなどで働いていた従業員2万7819人が対象。ESPが独自のネットワークを通じ、聞き取り調査などを実施した。

 部門別では、不動産証券化の業務などを手がけていた従業員のリストラが最も多く、408人。債券・株式業務部門も362人がリストラされた。各社が陣容を拡大してきた投資銀行部門でも、111人が対象に。
 
 地位や年齢による偏りはみられなかった。
 
 サブプライム危機の震源地の米国では、ニューヨーク州で働く証券業界の従業員だけで約4万人がリストラされたとされる。日本でのリストラは欧米に比べれば小規模。 (以下省略)
 ---------------------------
 
 私の元同僚も、結構な人数がこの業界にいるの心配でしたが、そう言われて見れば、あまり職を代わったという話も聞きません。
  
 みんな優秀だから、持ち堪えているんでしょうか・・・・(笑)
 
 
 
 応援のクリック、皆様宜しくお願い致します。m(__)m
 (若干低迷中です。皆様のお力を貸してください)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 成長する会社の、経営・労務管理・コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

|

« 第40回社会保険労務士試験終了 | Main | 夏バテか・・・・・ »

マーケット」カテゴリの記事

Comments

瀧本先生、おはようございます。土曜日はお疲れ様でした。毎朝先生のアーティクルを楽しみにしています。近い業界にいますので、今回のトピックは特に興味を持って拝見しました。現在、週一回東京都の労働情報センターで外国人労働相談員の仕事をしていますが、そこにも外資証券でリストラされた外国人の相談が一時期あったようです。外資の金融は2-30年前から業績が悪くなると人をばっさり切るという話は耳にしていましたが、多少労働法を勉強するようになり、どうしてそんなに簡単に解雇が出来るのか、問題になるケースもあるのではと思ったりしています。 小堀

Posted by: kiki | August 26, 2008 at 10:30 AM

先まで見越して、仕事を決めるのは、なかなか難しいことですね。

Posted by: Jimmie | August 26, 2008 at 08:40 PM

 小堀先生
 
 コメント有難うございます。
 外資系の解雇は、それに見合った高い給与に裏付けられているように思います。
 これで給与安かったら嫌ですね・・・・(笑)
 
 
 Jimmieさま
 
 コメント有難うございます。
 やっぱり自営業ですか・・・・(笑)

Posted by: owner | August 27, 2008 at 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/42269107

Listed below are links to weblogs that reference 外資系金融、過去1年で1109人リストラ:

« 第40回社会保険労務士試験終了 | Main | 夏バテか・・・・・ »