« 業務中にチャットやゲーム-厚労省 | Main | 【書評】年金制度は誰のものか »

July 13, 2008

【書評】部下を動かす教え方 他

 
 知り合いの松尾氏の6冊目の著書「いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え方」を、読んでみました。
 
 コンパクトに纏まっていて、2時間程度で読めます。
 
 内容は、そんなに驚きのノウハウが詰まっているわけではなく、当然の(ただし実行が難しい・忘れがちな)ことを過不足なく並べてあり、人を使う立場にある人は復習の意味もこめて、一度目を通す価値がある本だと思います。
 
 (ただし1500円は、山田真哉さん下田直人さんの本が700円・800円であることを考えると割高感は否めません・・・・) 
 
 
 もう一冊、知り合いの社会保険労務士大谷雄二先生の「紛争を防止し業績を向上させる バランスのよい就業規則作成の手引き」を購入しましたが・・・・・・
 
 こちらは、お勧めしません・・・・ 
 条文の引用が多すぎで、これで1500円は個人的にはありえません・・・・
 
 今回は、ちょっと残念な本の紹介でした(汗) 
 
 
   
 
 まだ読んでいらっしゃらない方には、こちらの本の方がお勧めです・・・・(笑)
 
   

 
 応援のクリック、皆様宜しくお願いいたします。m(__)m
 (若干低迷中です。皆様のお力を貸してください)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 成長する会社の、経営・労務管理・コンプライアンスのご相談は、「タキモト・コンサルティング・オフィス」たきもとまで。

|

« 業務中にチャットやゲーム-厚労省 | Main | 【書評】年金制度は誰のものか »

書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/41822680

Listed below are links to weblogs that reference 【書評】部下を動かす教え方 他:

« 業務中にチャットやゲーム-厚労省 | Main | 【書評】年金制度は誰のものか »