« NHK インサイダー問題 | Main | 健康診断受診 »

June 04, 2008

出生率 2007年は1.34と2年連続微増

 
 Shusseiritsugraph 
 このままの出生率で日本が進めば、高齢者ばかりの国になってしまいます。
 
 なんとか子供にお金を回して、次世代を育むような政策が打てないものかといつも考えています・・・・
 
 
 毎日新聞より抜粋 -------------
 
 <出生率>07年は1.34と2年連続増
 
 07年の合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は、06年を0.02ポイント上回り、1.34となったことが、厚生労働省が4日まとめた人口動態統計で明らかになった。
 
 同出生率は06年に6年ぶりで上昇し、2年連続増えた。ただ、人口減で出産適齢期の女性の数そのものが減っており、出生数は2929人減の108万9745人。史上最低だった05年(106万2530人)に次いで少なく、今後も上昇に転じる見通しはない。

 07年の出生数は、6年ぶりに増加した前年から再び減少したが、死亡数は2万3830人増の110万8280人となり、戦後混乱期の47年以来60年ぶりで110万人台に達した。この結果、出生数と死亡数の差である「人口の自然増数」はマイナス1万8535人と、再び人口減となった。

 厚労省は、合計特殊出生率の上昇原因について、20代後半で横ばいが続き、30~49歳層ではいずれの年代もアップしたほか、3人目を産んだ人が6821人増の16万6383人となったことを挙げる。晩婚化が進み、雇用が改善したことが背景にあるとみている。

 ただし、今後も現在の出生数を維持するには、同出生率を1.7程度に引き上げる必要がある。景気が陰りを見せる中、合計特殊出生率の上昇傾向が定着するかは不透明だ。
 -----------------------------
 
 一過性の補助金のようなものは、出生率の上昇には殆ど役に立たないそうです。
 
 逆に、雇用情勢が安定していたり、景気が良いときには何らの手立てを打たなくても、出生率は上がるそうで、将来の希望を国民に与えることが一番重要だと思います。 
 
 なかなか、良い方策は見つからないのですが・・・・・・・
 
 
 応援のクリック、皆様宜しくお願いいたします。m(__)m
 (現在急落中です・・・ 皆様のお力を貸してください)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« NHK インサイダー問題 | Main | 健康診断受診 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

まずは、産み、育てることが一番の方策でしょう。誰かがやってくれるのを待つのではなく。

Posted by: 優駿友瞭嶺 | June 06, 2008 at 12:25 PM

 優駿友瞭嶺さま
 
 コメント有難うございます。

 優駿友瞭嶺さんのように4人も子育てしていらっしゃる方には頭が下がります。
 
 表彰?とか考えて欲しいですね・・・(笑)

Posted by: owner | June 06, 2008 at 02:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/41430015

Listed below are links to weblogs that reference 出生率 2007年は1.34と2年連続微増:

« NHK インサイダー問題 | Main | 健康診断受診 »