« 日弁連の新会長に宮崎誠氏が | Main | 最近読んだ本(客単価アップ) »

February 09, 2008

経産省次官の「経済オンチ」・・・

 
 米国サブプライム問題で、株価が不安定な中、事務方トップの経済産業省事務次官がこんなおろかな話をしているとはあきれます。
 
 日本の株価下落も当然といえば当然であります・・・・・

 
 J-CAST ニュースより ------------
 
 デイトレーダー「バカで浮気で無責任」 経産省次官の「経済オンチ」
 
 経済産業省がウェブにした講演録では「問題発言」は削除されている

 経済産業省の北畑隆生事務次官が2008年1月25日に行った講演で、インターネットで短期的に株売買を繰り返すデイトレーダーや投資ファンドについて「最も堕落した株主」「バカで浮気で無責任」などと発言し、物議をかもしている。
 
 北畑事務次官は2月7日の定例会見で反省の弁を述べ、また経済産業省は8日、ホームページ上に北畑次官が講演した講演録を掲載し、「次官の真意はこれを読んでもらえればわかります」と取り繕うが、波紋が広がっている。

 ■競輪場や競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た

 問題発言は経済産業省の外郭団体・経済産業調査会が主催する1月25日の講演会であった。テーマは「会社は株主だけものか? ‐企業買収防衛策・外為法制度改正・ガバナンス‐」。ここで北畑次官は、「本当は競輪場や競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た。最も堕落した株主だ」と、デイトレーダーを罵倒。さらに、「馬鹿で浮気で無責任なので、議決権を与える必要はない」「(米投資ファンドのスティール・パートナーを引き合いにして)経営者を脅す悪い株主」と批判した。
 (中略)
 
 ■「要は経済オンチなんじゃないですか」
 
 ところで、北畑事務次官とはどんな人なのだろう。1972年4月に当時の通商産業省に入省。04年の経産政策局長時代には大手スーパーのダイエーの再建をめぐって、産業再生機構による再生計画にクレームをつけたり、07年2月にはスティール・パートナーを、株式を買い集めて高値でその会社に買い取らせる「グリーンメーラー」と根拠もなく批判したり、「天下りあっせんの禁止」に公然と反対してみたりと、とにかく「古い霞が関」体質をひきずった人物とされている。もともと「要注意人物」であり、今回の問題発言も「またか」といった印象も強い。
 
 エコノミストの池田信夫氏は自らのブログで、「彼が問題なのは、反資本主義的な姿勢にある。彼の頭の中には通産省の栄光の時代の産業政策の亡霊がまだ徘徊しているのである」と指摘している。
 (以下省略)
 ------------------------------
 
 経済オンチで、天下り賛成で、反資本主義の、経済産業省トップの事務次官って、他国の投資家には意味不明な存在に写っているんでしょうね・・・・
 
 そりゃ海外投資家は、資金も引き上げますわ・・・
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 (最近低迷中です・皆様のお力を貸してくださいm(__)m)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« 日弁連の新会長に宮崎誠氏が | Main | 最近読んだ本(客単価アップ) »

「FINANCIAL PLANNER」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/40063064

Listed below are links to weblogs that reference 経産省次官の「経済オンチ」・・・:

« 日弁連の新会長に宮崎誠氏が | Main | 最近読んだ本(客単価アップ) »