« 労働契約書の作成 | Main | 年金記録改ざん 社保事務所が「圧力」 »

February 17, 2008

相当末期的な日本航空(JAL)

 
 日本のFLAGSHIPだったはずの「日本航空(JAL)」ですが、最近の連続する不祥事には首を傾げます。
 
 古い体質の企業の、末期的症状が表面化してきたのでしょうか?
 
 飛行機は、最近利用していませんが、今だったら少々高くてもANAに乗ろうと思ってしまいます・・・・・・
 
 
 読売新聞より抜粋 ---------
 
 着陸機いるのに離陸滑走、
  JAL機同士あわや追突…新千歳

 
 16日午前10時33分ごろ、北海道・新千歳空港のB滑走路(3000メートル)で、羽田行き日本航空502便(ボーイング747-400型機、乗員乗客446人)が管制官の許可を得ずに離陸の滑走を始めた。

 同じ滑走路上には、着陸したばかりの別の旅客機がいたため、管制官が離陸中止を指示し、502便は緊急停止した。両旅客機の距離は約1800メートルだった。けが人はなかったが、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は事故につながりかねない重大インシデントだったとして、調査官3人を現地に派遣し、調査を始めた。
 (中略)
 一方、同じ滑走路上にいた関西空港発日航2503便(MD-90型機、乗員乗客126人)は、トラブルが発生する5分前に着陸したばかりで誘導路に向かう途中だった。新千歳空港では、2005年1月にも日航機が無断で離陸しようとして別の旅客機とあわや追突のトラブルを起こすなどしたため、日航は同省から事業改善命令を受けている。
 -------------------------
 
 これと別に、トイレにしまっていた食事を、とぼけて客に配布した事件も発覚し、なんとも無茶苦茶な会社です・・・・・・
 
 朝日新聞より -------------
 
 JAL国際線、軽食用カートをトイレに収納 食事は提供
 
 日本航空(JAL)の釜山発成田行き958便(乗客乗員280人)の機内で6日、軽食を運ぶカートをトイレに収納し、そのまま客に提供していたことがわかった。
 (中略)
 36人分のちらしずしなどが入っていたが、箱入りのため衛生上問題はないと判断。食事は離陸後、客に提供した。機長に報告したのは、成田到着後だった。
 ------------------------
 
 落合弁護士のBLOGにも指摘されていますが、「トイレに置いてあった寿司ですが、大丈夫なので召し上がってください」って、確認してから配ってみたら誰も食べないでしょうに・・・・・・
 
 乗客に黙って配って、食べさせることに、この会社の腐敗状況が伝わってくるように思います。
 
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 (最近低迷中です・皆様のお力を貸してくださいm(__)m)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。  にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« 労働契約書の作成 | Main | 年金記録改ざん 社保事務所が「圧力」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/40151557

Listed below are links to weblogs that reference 相当末期的な日本航空(JAL):

« 労働契約書の作成 | Main | 年金記録改ざん 社保事務所が「圧力」 »