« 西東京市商工会初参加 | Main | 第一生命が株式会社に転換 »

December 06, 2007

「強制労働」と未払い賃金求め提訴 熊本

 
 これまでも悪用されることの多かった、「外国人研修・技能実習制度」ですが、ここまでひどいのはあまり聞いたことがありません。
 
 働き手の無い「3K きつい・汚い・危険」仕事に悪用されないよう、監視をしっかりやってもらいたいと思います。 
 
 asahi.comより -------------
 
 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 中国人実習生 熊本
 
 法務、厚生労働など5省が所管する国際研修協力機構(JITCO)が運営する外国人研修・技能実習制度で来日し、熊本県天草市の縫製工場で実習していた20~23歳の中国人女性4人が6日、「法令違反の過酷な労働を強いられた」として縫製会社やJITCOなどを相手に、未払い賃金や損害賠償計約3600万円の支払いを求める訴訟を熊本地裁に起こした。
 
 パスポートや通帳を取り上げられ、自由に外出することも認められなかったとしており、「強制労働」の実態が問われそうだ。
 
 縫製会社は有限会社「スキール」と、同敷地内の個人事業所「レクサスライク」。いずれも8月末ごろ廃業した。

 訴状などによると、4人は中国・山東省の出身。同国内の人材派遣業者にビザの申請費用や片道の交通費含む「保証金」名目で約4万元(約60万円)を支払って06年4月と同7月に来日した。

 同県小国町の1次受け入れ機関を通じ、縫製工場に配属されたが、到着直後に経営者にパスポートや預金通帳、印鑑を取り上げられ、その日から働かされたという。
 
 忙しい時期は午前8時から翌午前2時まで働かされ、月1日程度の休日があるだけ。今年8月まで毎月平均130~150時間の残業をしてきた。

 しかし、残業手当は同県の最低賃金の半額以下の時給300円で、時間外・休日研修ができないはずの研修1年目から「過酷な就労を強いられた」と主張している。
 (中略)
 中国人実習生14人のうち5人が8月、工場を逃げ出して天草労働基準監督署に実態を訴え、発覚した。提訴した4人以外はすでに帰国している。
 (以下省略)
 ---------------------------------
  
 労働基準法の中でも最も罰則が重いのがこの『強制労働の禁止』(労基法5条)で、なんと最高懲役10年まであります(同117条)
 
 今時、このような全然の紡績工場のような扱いがあることに、驚きと怒りを感じます・・・・
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 (最近低迷中です・皆様のお力を貸してくださいm(__)m)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。 にほんブログ村 士業ブログへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 

|

« 西東京市商工会初参加 | Main | 第一生命が株式会社に転換 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

たきもとさま

いつも拝見させて頂いております。

天草(熊本)の件は、事件が発覚した夏頃に
地元のマスコミで、かなり騒がれていました。

余りの醜さに、小生も怒りを覚えた一人です。

実は昨年、玉名あたりでも似たような事件が
あったようです。

熊本県人として、お恥ずかしい限り…

Posted by: K☆ヒロシ | December 06, 2007 at 11:42 PM

 川浪先生
 
 コメント有難うございます。

 地元ですねー 嫌な話です。
 
 会社も廃業し、10人泣き寝入りなのもとても腹が立ちます・・・・

Posted by: owner | December 07, 2007 at 11:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/17291231

Listed below are links to weblogs that reference 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 熊本:

« 西東京市商工会初参加 | Main | 第一生命が株式会社に転換 »