« 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 熊本 | Main | <年金記録>「原簿ごと消失」のケースも »

December 07, 2007

第一生命が株式会社に転換

 
 株式会社に転換すると、先日解禁になった外国企業の株式交換制度を使って企業買収されるリスクが発生するので、大手は恐らく相互会社を貫くと思っていましたが、NO.2の大手生保の株式会社転換の発表に驚いています。
 
 共同通信より -----------
 
 第一生命が株式会社に転換
 
 第一生命保険は6日、2010年度上期をめどに現在の相互会社から株式会社に転換し、東京証券取引所などに上場する方針を明らかにした。
 
 持ち株会社への移行を検討し、傘下に海外企業など複数の保険会社を収める総合保険グループの構築を目指す。
 
 株式会社化は日本、明治安田、住友を含め大手生保4社で初めて。縮小傾向にある国内市場に対応するには、国際的事業の展開が不可欠と判断。
 -----------------------
 
 企業買収に関しては、「相互会社」は無敵の防衛策です、外資系企業も全く手を出すことが出来ません(笑)
 
 AIGなど米国大手生保の株式の数パーセント~数十パーセントで買収されてしまうようなリスクを取ってまで、上場株式会社になるメリットは有るのでしょうか? 疑問です。
 
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 (最近低迷中です・皆様のお力を貸してくださいm(__)m)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。 にほんブログ村 士業ブログへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 
 

|

« 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 熊本 | Main | <年金記録>「原簿ごと消失」のケースも »

「FINANCIAL PLANNER」カテゴリの記事

Comments

このニュース、知らなかったので、驚きです。
株主総会をやっても、いいよ、なのでしょうか。
穏やかな時代は、終わり?

Posted by: るみまる | December 07, 2007 at 01:03 AM

 るみまる先生
 
 いつもコメント有難う御座います。

 生命保険という相互扶助の業態が、利益追求型の株式会社になるのは自己矛盾ではないかという議論もありますが、一方で自己資本充実や資金調達の幅の広さを考えると、株式会社形態に魅力が会ったんでしょうね・・・・・

Posted by: owner | December 07, 2007 at 01:11 AM

私も先日の新聞報道に興味を持ちましたが、第一生命の公式コメントとしては、検討はしているが、決定をしたわけではないとのことです。

Posted by: FPの達人 | December 07, 2007 at 10:52 AM

 新見さま
 
 コメント有難うございます。

 こういった、合併や組織変更の話は、完全に決まるまで「ノーコメント」なのでしょうが、リークされる時点でほぼ決まりだと思います・・・

Posted by: owner | December 07, 2007 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/17291909

Listed below are links to weblogs that reference 第一生命が株式会社に転換:

« 「強制労働」と未払い賃金求め提訴 熊本 | Main | <年金記録>「原簿ごと消失」のケースも »