« 怖かった経験 | Main | 『足利銀行受皿]』 地銀連合が優位に »

November 22, 2007

舛添大臣、年金公約白旗

 
Masuzoe 夕刊フジのネタなので、その分割り引く必要がありますが、実務家から見てどう考えても不可能なものを、『絶対やります』という、選挙のトークってどうなんでしょう・・・・・・
 
 早めの撤回は、来年3月になってから言うよりは良心的だと思いますが・・・・
 
  
 夕刊フジより引用 ------------------
 
 「最後の1件まで」のはずが…舛添、年金公約白旗
 
 舛添要一厚労相は21日夕の記者会見で、約5000万件の「消えた年金」記録について「最後の1円までやるというのは、ある意味で(参院)選挙のスローガンだ」などと語り、すべての記録の持ち主を特定することは困難であるとの見方を示した。完全な公約違反であるうえ、選挙で国民をダマしたことを認めたともとられかねない発言だけに、閣僚としての資質が問われそうだ。
 
 厚生労働省内の記者会見室。舛添氏は基礎年金番号に未統合の約5000万件のうち、氏名や生年月日などが欠落している約524万件の補正作業について、次のように語った。
 
 「場合によっては数%、何としても(氏名などが)見つからないというのは出てくる可能性もある。最後の1円までやるというのは、ある意味で選挙のスローガン。そういう意気込みでやるということだ。国民に報告し理解をいただくほかはない」
 
 舛添氏は8月28日の就任会見で、消えた年金記録について、「最後の1人、最後の1円まで確実にやる」と公約。翌月26日の会見でも、「政権公約として工程表を発表しており、これにのっとってやることは内閣が代わろうが変わらない」と宣言し、来年3月までの統合完了を約束していた。
 (中略)
 
 舛添氏はまた、特定不能となりそうな年金記録について、「数%」「2%」とも語ったが、単純計算で約5000万件のうち100万件もが特定不能となりかねないわけで、とても看過できる話ではない。
 (以下省略)
 -------------------------------
 
 特定不能も、1割くらいまで膨らむことも十分にありそうです。
 
 来年3月迄に、どのくらい進捗してどのくらいの特定不能のパーセンテージになるか楽しみであります。
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 (最近低迷中です・皆様のお力を貸しくださいm(__)m)

 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。 にほんブログ村 士業ブログへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« 怖かった経験 | Main | 『足利銀行受皿]』 地銀連合が優位に »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/17154650

Listed below are links to weblogs that reference 舛添大臣、年金公約白旗:

» 年金記録、全員の特定困難-80万件残る? [社労士たまごの日記 ~おわりのはじまり~]
全体の15%、約80万件の記録について「なかなか名前の特定まで行き着けない」… [Read More]

Tracked on November 23, 2007 at 10:29 AM

» 年金公約 「最後の1人まで」  断念 [王様の耳はロバの耳]
未統合年金記録の解消困難=本人特定「できないことも」−舛添厚労相 (時事通信) - goo ニュース 昨日夜TVの報道ステーションを見るとこの「年金公約」すなわち最後の一人までチェックして支払いを約束します----と安倍前総理が選挙公約し舛添厚労相も就任の際大分意気込んで「最後の一人、最後の一円まで頑張る」との話が駄目になった事を大きく取り上げていた。 {/kaeru_shock1/} 例によって古館が深刻な顔と声で「総理の公約違反と舛添氏の取り組みを非難していた」 該当者不明の記録5000万件に... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 11:59 AM

» 宙に浮いた年金 舛添厚労相は開き直り、福田首相はおとぼけ!? [+子育ちパパの航生日誌Q2.1]
 案の定という感じで、今更驚きは感じません。  こんな冷めた感覚でいるのも良くないのでしょうねぇ。(毎日新聞) - Yahoo!ニュース<年金記録>舛添厚労相、開き直り?「ないものはない」12月11日21時20分配信 毎日新聞 宙に浮く年金記録約5000万件中、945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け、舛添要一厚生労働相は11日午後、記者会見した。「他の方が大臣になっても結果は同じ。ないものはないんだから」(略)「正直いって、ここまでひどいとは想像していませんでした。5合目まで順調だっ... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 01:30 PM

» 年金名寄せ,945万件統合困難、4割も難航 [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
年金名寄せ、 宙に浮いた5千万件のうち(共同通信) - goo ニュース" target="_年金名寄せ、4割も難航 宙に浮いた5千万件のうち(共同通信) - goo ニュース 上記のニュースによると基礎年金番号に統合されず、該当者不明のまま「宙に浮いた」年金記録約5000万件について、38・8%の約1975万件は社会保険庁の名寄せ(照合)作業が過去の入力ミスなどにより難航していることが、11日分かった。この問題についてこの前の参院選で当時の内閣総理大臣が宙に浮いた年金5000万件は来年の3月ま... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 01:34 PM

» できもしない選挙公約 [かきなぐりプレス]
選挙公約を自分なりに解説してみるとこうなった。 「到底できもしないことをさもできるように、その時だけいい散らかすこと。選挙のための方便。さらに、選挙が終わった後で、そこまで言明していないといい逃れること」 夏の参院選で安倍総理は、宙に浮いた5000万件の年金問題で自民党は最後の1人、最後の1円まで解決します。ご安心下さい、と声を張り上げた。 その主は総理のポストを投げ出してしまった。 自民党は歴史的大敗したから、選挙公約は守らなくてもいいというわけではない。 あの時国民... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 02:42 PM

» 結局は、政治家だったのね。 [Kio -朔北- De nuevo]
 宙に浮く年金記録約5000万件中、945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け、舛添要一厚生労働相は11日午後、記者会見した。「他の方が大臣になっても結果は同... [Read More]

Tracked on December 12, 2007 at 09:54 PM

» ★見苦しい舛添詭弁大臣 [ブロガーAの辛口コメント炸裂]
年金公約“開き直り”町村官房長官、舛添厚労相  ■町村長官「選挙ですから。縮めて…」 ■舛添厚労相「3月末…言った覚えない」 舛添要一厚生労働相と町村信孝官房長官は11日、それぞれ記者会見で、「消えた年金」記録の基礎年金番号への統合に関する自民党公約など....... [Read More]

Tracked on December 13, 2007 at 02:21 PM

« 怖かった経験 | Main | 『足利銀行受皿]』 地銀連合が優位に »