« 「不招請勧誘」(ふしょうせいかんゆう)② | Main | 大学院生ゼミに参加 »

October 18, 2007

2025年度社会保障費、最大29兆円不足

 
 わが国では、予算を付けてくれという要求をする人は非常に多いのですが、その財源について深く考える人が少なかったように思います。
 
 借金が限界になってようやく、このような議論が出てくることは非常に残念ですが、一歩前進ともいえなくもありません。
 
 
 読売新聞より抜粋 --------
 
 2025年度社会保障費、最大29兆円不足…内閣府試算
 
 17日開かれた政府の経済財政諮問会議(議長・福田首相)で、内閣府が、年金、医療、介護の社会保障3分野の給付と負担に関する将来試算を示した
 
 高齢化で社会保障費が増え続け、国債の利払いなどを含めると、財政健全化に必要な財源が2025年度に8~29兆円程度不足するとした
 
 不足分をすべて消費税で賄う場合、税率は現在の5%から、8~17%程度になる

 内閣府は条件の異なる複数のシナリオを示した。政府目標で示した最大の歳出削減を実施したうえで、現在の給付水準を維持した場合、国内総生産(GDP)の名目成長率が2・1%程度の低水準にとどまれば、財源不足額は29兆円に達する。
 
 一方、給付水準を引き下げた場合で、成長率が3・2%では不足額は8兆円にとどまると試算している。
 
 消費税を1%引き上げると、約2兆5000億円の財源が工面できることから、不足額をすべて消費税で賄うと仮定すると、税率を3~12%程度引き上げる必要がある。
(以下省略)
 ----------------------------
 
 2008年4月から、70歳~74歳の医療費の自己負担が2割になる予定でしたが、これを凍結する(1割負担を維持)方向で国会は動いています。(これだけで1000億円の収入減と言われています)
 
 また、75歳以上の扶養に入っている高齢者からの保険料徴収も、2008年4月から始まる予定でしたが、これも同じく凍結する方向で国会は動いています。(これで400億円の収入減と言われています)
 
 このお金もどこから調達してくるかは、今のところはっきりしていません。
 
 また、若い世代にツケ回しということであれば、到底容認できないと思います・・・・・・・・
 
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリで頑張っています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。 にほんブログ村 士業ブログへ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« 「不招請勧誘」(ふしょうせいかんゆう)② | Main | 大学院生ゼミに参加 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

経済財政諮問会議のお偉方は、労使折半のうち事業主負担を無くすことしか頭にありません。何かにつけて消費税アップを唱えるのも、その一環ですね(苦笑)。

Posted by: tonny | October 18, 2007 at 11:15 PM

 tonny先生
 
 いつもコメント有難う御座います。
 バックは、経団連ですからねー(笑)

Posted by: owner | October 19, 2007 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/16795358

Listed below are links to weblogs that reference 2025年度社会保障費、最大29兆円不足:

« 「不招請勧誘」(ふしょうせいかんゆう)② | Main | 大学院生ゼミに参加 »