« 雇用保険法改正 | Main | 弁護士の“供給過剰” »

October 02, 2007

バイク便ドライバーの労働者性

 
 最近話題に上ることの多い『偽装請負』というキーワードがありますが、このバイク便のドライバーたちも広い意味ではこの範疇に入りそうです。
 
 雇う会社にとっては、労災保険料・雇用保険料・厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料、すべて払わずに済むのでコスト的に魅力なのでしょうが、労働者の保護の意識があまりにも希薄と言えそうです。
 
 asahi.com より抜粋 -----------
 
 請負契約のバイク便ドライバーも労働者 厚労省通達
 
 バイク便会社と個人で請負契約を結んで働くバイク便ドライバーについて、厚生労働省は28日、一定の条件のもとに労働者と認める通達を全国の労働局に出した。
 
 バイク便ドライバーは労働者ではないとして労災保険が適用されない事例が相次いでいたが、労働者なら労働法令が適用され、労災保険や雇用保険の対象にもなる。厚労省はバイク便会社にも、条件を満たすドライバーに労災保険などを適用するよう指導していく。

 常に交通事故の危険にさらされるバイク便ドライバーが、仕事でけがをしても労災が出ないのは問題だとして、連合東京が厚労省に労働者かどうかの判断を求めていた。
 
 厚労省は、バイク便ドライバーの実態を調査。
 
 (1)時間・場所を拘束され、仕事の依頼を拒否できない
 (2)仕事のやり方の指揮命令を受ける
 (3)勤務場所や時間を出勤簿で管理されている
 (4)仕事を他の人に委託できない
 
 ――などの条件に当てはまれば労働者とみなすべきだと判断した。

 個人請負の問題に詳しい鎌田耕一・東洋大教授によると、90年代から、企業が社会保険料の負担などをきらい、労働契約を請負や委託に切り替える例が目立ち始めたという。「実態は労働者と同様で『偽装雇用』と言わざるを得ないケースも多く、きちんと労働法を適用する必要がある」と鎌田教授は話している。
 --------------------------
 
 今回の判断も、新しいものではなく、
 
 ■仕事の依頼や業務従事で諾否の自由がない、
 ■業務遂行について本人の裁量の余地があまりない、
 ■勤務時間について拘束される、
 ■本人のかわりに他の者が労務提供することが認められていない、

 の4条件を満たす場合を労働基準法上の労働者としていた、労働基準法研究会労働契約等法制部会労働者性検討専門部会報告(1996年)のガイドラインに沿った判断と言えます。
 
 安易な(偽装)請負契約は、結局高くつくことになりかねません。アドバイスする方もお気をつけて。
 
 
 
  更新の源泉、応援の清き2クリックを今日もお願い致します。
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリ苦戦中です。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c
 

|

« 雇用保険法改正 | Main | 弁護士の“供給過剰” »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/16639161

Listed below are links to weblogs that reference バイク便ドライバーの労働者性:

» <バイク便>厚労省が「労働者」の見解 [人事制度・社会保険・年金情報]
自転車やバイクで書類などを運ぶメッセンジャー(バイク便運転者)について、厚生労働省は27日、「労働者性がある」とする見解をまとめ、全国の労働局に通達を出す方針を決めた。メッセンジャーは、会社と運送請負契約を結ぶ個人事業主として働いているケースがほとんどのため、事故にあった際に労災保険も適用されていない。企業の間では、一般事務の仕事でも個人請負契約が広がっており、今回の通達はそうした状況にも影響を及ぼしそうだ。9月28日 毎日新聞http://headlines.yahoo.c...... [Read More]

Tracked on October 03, 2007 at 05:49 AM

» バイク便運転者は労働者となる [新潟県新潟市中央区の社会保険労務士事務所 「新潟中央社労士事務所」の活動日報]
セミナー「上手な賃金の払い方」ですが、残席が少なくなってきました。残り4名様です。興味のある方はお早めにお申込み下さい。(定員がありますので、取り... [Read More]

Tracked on October 03, 2007 at 05:50 AM

« 雇用保険法改正 | Main | 弁護士の“供給過剰” »