« 社保庁職員のボーナス・給与カット検討 | Main | 住所パワー »

June 25, 2007

ヘッジファンド2社救済に4000億円拠出へ

 
 低所得者層を対象にした住宅融資「サブプライムローン」の問題は、特に経済に影響を与えないとのことで、連日株価も上昇していますが、この様な事実を見ると、株価下落リスクも頭の中に入れておく必要が有りそうです。
 
 特に、不動産株の加熱は一服しそうに思います。
 
 読売新聞より抜粋 -------------------
 
 米大手証券、ヘッジファンド2社救済に4000億円拠出へ
 
 米国証券4位のベア・スターンズは22日、経営危機に陥っている傘下のヘッジファンド2社の救済のため、最大約32億ドル(約4000億円)を拠出すると発表した。

 1998年に経営破たんした米ヘッジファンド、ロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)の取引保全に大手証券など14社が約36億ドルを拠出して以来の大型救済劇となる。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどの報道によると、ベア・スターンズ傘下のヘッジファンド2社は、低所得者層を対象にした住宅融資「サブプライムローン」の債権を証券化した金融商品を売買していた。同ローンの焦げ付き急増を背景に、この金融商品の価格が急落し、巨額の損失を抱えたとみられる。2社に資金を貸し付けていた債権者の一部が、担保に取っていた別の住宅ローン債権を売却する動きもある。住宅ローン貸し付け市場を冷え込ませ、米国景気全体への悪影響が懸念されている。
 -----------------------------
 
 アメリカは、日本でこの様な事があると、弱者には退場してもらうべきとして、簡単に倒産させますが(そして景気が悪くなる)、自国では(景気への悪影響を考慮して)ちゃんと救済するところがしたたかです・・・・・
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックをお願い致します。
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリ1位に返り咲いています。皆様の応援のお陰です、ありがとう御座います。引き続き応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。 f957849c

|

« 社保庁職員のボーナス・給与カット検討 | Main | 住所パワー »

「FINANCIAL PLANNER」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 社保庁職員のボーナス・給与カット検討 | Main | 住所パワー »