« 大学院勉強会 | Main | 新司法試験願書作成 »

December 09, 2006

(続)ホワイトカラー・エグゼンプション制度

 
 1年半ほど前にコメントした、『ホワイトカラー・エグゼンプション制度』でありますが、ついに立法化に向けて進み始めたようです。
  
 それにしても、厚生労働省の案では、『ホワイトカラー・エグゼンプション制度』という単語が全く出てこなくて、何となく新しい良い仕組みに見えるのがうまいですね(笑)
 
 「新労働ルール」です(大笑)
 
  
 読売新聞より抜粋 ----------------

  「1日8時間」を除外、厚労省が新労働ルール案提出
 
 厚生労働省は8日、高収入の事務職サラリーマンらを1日8時間の労働時間規制から除外する制度の導入を柱とする新しい労働ルールの最終報告書案、を労働政策審議会労働条件分科会(分科会長=西村健一郎・京大大学院教授)に提出した。

 分科会は年内にも最終報告をまとめ、政府は来年の通常国会に関連法案を提出する予定だ。

 工場労働者らを想定して作られた現行の労働基準法は、1日8時間、週40時間を法定労働時間と定め、これを超える労働は残業となる。新たな「自由度の高い労働時間制」では、規制から除外された労働者は、自らの判断で1日の労働時間を調整できるため、働き方が大きく変わる。
 -----------------------------
 
 色々な週刊誌で叩かれたので、この様な小手先の表現変更になったのかと勘繰ってしまいます。
 
 因みに去年の7月10日のBLOGの投稿に関して、某新聞社から取材を受けましたが、また来ますかね(笑)
 
 
  BLOG村ココログ効果?にもめげず何とか一位に復活です。皆様に応援していただけるように更新頑張ります。
 
 
  更新の源泉、応援の清き2クリックをお願い致します。
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリ1位に返り咲いています。皆様の応援のお陰です、ありがとう御座います。引き続き応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。にほんブログ村 士業ブログへ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。f957849c

|

« 大学院勉強会 | Main | 新司法試験願書作成 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

私も名称が変わっていたので、新聞をぱっとみたところ新しい制度が新しく提案されたのかと勘違いしてしまいました(笑)
年収基準は明確ではないんですね。
でも労働契約法とのあわせ技で気がつけば「ホワイトカラーエグゼンプション」になっている…という状況が怖いです。

Posted by: ハイパーわかば | December 10, 2006 at 05:56 PM

 ハイパーわかばさま
 
 いつもコメントありがとう御座います。
 
 最初見た瞬間分からないような名前を付けるところがいかにも役所っぽいですよね。
 
 仕方が無い面と、濫用防止の必要性と両面あると思います。

Posted by: owner | December 11, 2006 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/13003800

Listed below are links to weblogs that reference (続)ホワイトカラー・エグゼンプション制度:

» 労政審労働条件分科会 〜報告書(案)提示〜 [かずさの街の若手士業者奮闘記]
約2年間追いかけてきた今後の労働契約法制および労働時間法制について、本日の労働政策審議会労働条件分科会で報告書(案)が厚生労働省から提示されました。「ようやくまとまった、とにかくまとめた、やっとの思いで形にした・・・。」どの表現が実態に即しているかわか...... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 at 11:32 PM

» ホワイトカラーエグゼンプションの審議 さらに続編 [村上隆洋の「ゴーゴー社労士!」]
こんにちは、「ゴーゴー社労士」です。 桑田真澄投手がピッツバーグ・パイレーツに入団か?という記事がありましたが、実際にはどうなるのでしょうか。マイナー契約における就労ビザが規定数に達したため取得できないという問題もクリアしたとは記事には書かれていますが....... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 02:21 PM

« 大学院勉強会 | Main | 新司法試験願書作成 »