« 堀江氏、初公判で無罪を主張 | Main | 紀子さま、男児ご出産 »

September 05, 2006

保母退職後の自殺、労災に認定

 
 一昔前までは、労災認定の「業務起因性」は大変狭く解釈されていたのですが、近時の判例の積み上げによって大分労働者寄りの認定がされるようになりました。
 
 本判決もその流れの一環だと思います。控訴審でひっくり返らないことを期待します。
 
 
 読売新聞より抜粋 ------------

 保母退職後の自殺、労災に認定…東京地裁

 兵庫県加古川市内の無認可保育所の保母だった岡村牧子さん(当時21歳)が退職から約1か月後に自殺したのは、過労によるうつ症状が原因だとして、神戸市に住む父の昭さん(70)が、国を相手取り、労災認定を求めた行政訴訟の判決が4日、東京地裁であった。

 難波孝一裁判長は、「過重な業務の結果、精神障害を発症し、その状態のまま自殺に至った」として、業務と自殺の因果関係を認め、労災と認めなかった1996年の加古川労働基準監督署の処分取り消しを言い渡した。厚生労働省によると、過労で退職した後の自殺が労災と認められたケースは「これまで聞いたことがない」という。

 判決によると、牧子さんは保母資格を得た直後の93年1月から同保育所に勤務していたが、同僚の保母が一斉退職するため同4月から新人保母5人をまとめる主任になることが決まり、心身の疲労からうつ状態となって緊急入院。同3月末に退職し、同4月下旬、両親の留守中に自宅で首をつって自殺した。
 ----------------------------
 
 あまり知られていませんが、労災認定されるのとされないのでは、遺族の補償が数千万円から億円単位で違ってきます。
 
 なるべくこの様な不幸な方が救われるような制度を、国には運営していただきたいと思います。
 
 
 
 更新の源泉、応援の清き2クリックをお願い致します。
 
 
 ★にほんブログ村、士業カテゴリ3位浮上です。ありがとう御座います。引き続き応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。にほんブログ村 士業ブログへ
 
 ★人気blogランキング(ファイナンシャルプランニング)に登録しています(8月9日より新規参入)。皆様のクリックが更新の原動力です。こちらも応援よろしくおねがいします。f957849c

|

« 堀江氏、初公判で無罪を主張 | Main | 紀子さま、男児ご出産 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/11765575

Listed below are links to weblogs that reference 保母退職後の自殺、労災に認定:

» 過労で退職後の自殺=労災と認定 [村上隆洋の「ゴーゴー社労士!」]
こんばんは、「ゴーゴー社労士」です。 急遽、本日2回目の投稿をいたします。 土曜日の日経新聞で、過労で退職後の自殺を労災と認めるかという裁判(東京地裁)の判決が今日=4日に出されるという記事が載っていましたが、東京地裁は労災と認めると言う判決を出した....... [Read More]

Tracked on September 05, 2006 at 12:21 AM

» 保母退職後の自殺、労災に認定 [労組書記長社労士のブログ]
保母退職後の自殺、労災に認定…東京地裁 (読売新聞) - goo ニュース  非常に画期的な判決ですね{/ee_2/} 新聞報道を読んでみて  ・園児数に対する保育士の数は基準以下だった  ・就職3か月で同僚が大量辞職したため    新人の指導やPCの操作、送迎バスの時刻表作成まで責任を負わされていた  ・保育士資格取得から1年前後で主任に任命  ・12時間勤務で休憩は30分だけ  ・調理師がおらず給食の買い出しから調理�... [Read More]

Tracked on September 05, 2006 at 02:19 PM

» 退職後の自殺でも労災認定?! [あべ社労士事務所の日常ノート「心はいつもポジティブに」]
今日は、例の元ライブドア社長の判決公判の初日ということで、マスコミもそのことばかりを報じていたが、その影に隠れて画期的な判決が出された。以下、MSNニュースから引用すると・・・。労災:退職後の自殺を認定、保育士遺族が勝訴 東京地裁  激務でうつ状態にな...... [Read More]

Tracked on September 05, 2006 at 08:15 PM

« 堀江氏、初公判で無罪を主張 | Main | 紀子さま、男児ご出産 »