« カイゼン | Main | 社労士会の会費 »

April 16, 2006

上限金利について思う

 「ろぼっと軽ジKさま」のコメントに関して、私の意見を少し述べたいと思います。(確かに、あの書き方だけでは真意は伝わらないと思いましたので)


 利息制限法の金利が15%上限であることについての疑問

 まず、金利と言うものは固定されているものではなく変動するものであります。

 にもかかわらず、民法の法定利率5%、商法の法定利率6%、そして本件の利息制限法の利率15%など、旧態依然とした規制金利時代の固定利率が法文上明記されているのは、市場で働いている人々にとってはおかしな感じを受けるものであります。

 現在、未曾有の低金利なので、15%でも充分高い金利のように思われますが、日本でも昭和40年頃は国債でも10%を超えていた時代が有ります。この様な状況下では15%が仮に上限であったとすれば、殆どの企業は借入をすることが出来ず、倒産してしまうことになります。

 この点については、個人的には金利をフロート(変動制)にすべきだと思っています。例えば10年国債の金利に15%を乗せた金利を上限にするなどです。(固定性であるとすれば、15%は不十分で有ると思っています)


 スプレッドの計算方法

 信用リスクスプレッドは、ざっと下記のように計算します。

 リスクフリー資産(国債のレート)を仮に2%として、債務者のデフォルト(焦げ付き)率を15%と仮定します。

① 100万円国債を買うと、一年後に102万円になります。(デフォルト率ゼロ)

② この債務者群に20%で100万円貸し付けますと、一年後には120万円になりますが、15%焦げ付きますので、残りは120×0.85=102万円になります。(どちらに投資しても等価になる分岐点が金利20%)

 この場合の20%マイナス2%の18%を信用リスクスプレッドと呼んでいます。

 もちろん国債と同じ利回りであれば、コストが取れないので、これにコストや利益を乗せて今の金利が設定されているのだと推測されます。


 上記貸し倒れ率は、便宜上の数字で実際はどの程度になるかは分かりません。

 法で金利を定めるのであれば、この様な点を調査・配慮して先程述べたフロートの金利を決めるのが筋かと思っています。


 上場会社について

 社債を発行している上場企業でも、格付けがBB以下に下がると、債券は売り込まれ15%以上の利回りが付くことは、それなりに見受けられます。この様な会社に、貸し出しを行う場合、この金利以下で貸すことは、社債投資と比較して明らかに経済合理性に反します。

 斯様な場合、倒産させてしまえというのであれば、米国のGMやフォードなどもとっくに倒産しないといけなくなります。

 企業の信用力悪化の場合にも高い金利は出現するものであり、それも一律15%で「はい違法」「罰則」「貸し出し不可」とするには、あまりにも上限として適正ではないと思われるものです。


 上述のような、市場の金利決定メカニズムや、今後のインフレによる金利変動の可能性も踏まえて、実りのある議論が出来れば良いなぁと思った次第で有ります。


 もちろん、多重債務者に貸し込んだり、違法な取立てをする業者には、更なる厳罰でいどんで頂きたいと思う気持ちは同様で有ります。


 以上、反論と言うよりも、私の意見を述べさせて頂きました。

 更新の源泉、応援の清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、低迷中です。また是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。応援いつもありがとう御座います。f957849c

|

« カイゼン | Main | 社労士会の会費 »

「FINANCIAL PLANNER」カテゴリの記事

Comments

ご丁寧にコメントありがとうございます。金利の規制方法には大陸方式(ドイツやフランス)と英米方式(アメリカや日本)がありますが、たきもとさんのご主張の趣旨が、大陸方式による規制をとるべし、というものであれば特段反対意見はございません。
 ちなみに、大陸方式とか英米方式の差異はわたくしの名前をクリックしていただくと解説があります。ただし、現在の議論の流れを見ますと、日本で大陸方式に向かう可能性は低いように感じます。

Posted by: ろぼっと軽ジK | April 18, 2006 at 05:21 AM

 ろぼっと軽ジKさま
 コメントありがとうございます。
 リンク先のHP読ませて頂きました。参考になります。
 確かに、蔓延る闇金融を一網打尽にするような、立法が本当に必要であると感じます。
 金利以外の面からも、違法な金融業者に対する厳しい対応を考えて欲しいと思っております。

Posted by: owner | April 18, 2006 at 05:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/9629638

Listed below are links to weblogs that reference 上限金利について思う:

« カイゼン | Main | 社労士会の会費 »