« 特定社労士について思う | Main | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人の買収について »

March 18, 2006

USENがライブドアを支援

 1日遅れですがコメント。USENがライブドアの支援に乗り出すようです。

 まず最初に、このUSENなる会社ですが、財務内容は非常に脆弱で、連結株主資本(285億円)が、繰延税金資産(87億円)とのれん代(223億円)にも満たず、実質債務超過(25億円)と考えることも出来るような会社です。

 よく、こんな会社が、多額の株式を引き受けられたなあと思っていましたが、社長個人で買うんですね(凄い金持ちですね(笑))。中身を精査して、USEN社のファイナンスが成功したら、売り渡すようです。それなら納得です。


 共同通信ニュースより抜粋 -------------

 USENが資本・業務提携 ライブドアを支援
 
 有線放送最大手のUSENとライブドアは16日、資本・業務提携を結んだと発表した。フジテレビジョンが保有するライブドア株を、USENの宇野康秀社長個人が総額約94億9500万円で取得。両社のインターネット関連事統合を目指す業務提携も結び、事件で経営危機に直面するライブドアを支援する。

 宇野社長はライブドアの発行済み株式の約12・7%を保有する第2位の株主になったが、今後USEN側が堀江貴文被告の保有する17%超の株取得に動き、経営統合が進む可能性もある。ネット事業だけでなく、金融事業でも連携を深め、ソフトバンクグループや楽天に攻勢をかける戦略だ。

 記者会見で宇野社長は「(USENとライブドアの)2つのサイトの利用者を増大できる」と相乗効果を強調。ライブドアの平松庚三社長も「USENは最も望んでいたパートナー」と語った。
 ----------------------------------------

 ライブドア社の、一株あたり純資産は粉飾が無ければ188円程度と言われています。これを60円程度で買って子会社にすると、帳簿上利益が発生します。USEN社は、自社の財務内容を見かけ上良くするためにそれを狙っているのではとの話も出ています。

 そして純資産以下の株価での買取(M&A)で利益を上げる手法は、ライブドアが今まで使ってきた手法でもあったのですが、まさか自分が買収される側に回るとは思っていなかったでしょうね>ホリエモン

  応援の清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、瞬間ですが全体で1位になりました。本当に感謝しております。また是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。皆様のクリックが更新の原動力です。応援いつもありがとう御座います。f957849c

|

« 特定社労士について思う | Main | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人の買収について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/9139105

Listed below are links to weblogs that reference USENがライブドアを支援:

» USEN フジから全株取得 きょう発表 [zaraの当方見聞録]
ライブドア支援で合意 USEN きょう発表 フジから全株取得 有線放送大手のUSENが、経営再建を目指しているライブドアを支援するため、同社が展開するインターネットのポータル(玄関)サイトを中心とした業務提携をすることで基本合意したことが十五日、明らかになった。さらに、USENはフジテレビジョンとの間でも、フジが保有する12・75%のライブドア株式全株を買い取ることで基本合意した。   USENの宇野康秀社長とライブドアの平松庚三社長が十六日夕に記者会見し、正式発表する。USENは... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 02:11 PM

» USEN提携でライブドア支援(フジTVの経営責任) [時評親爺]
各紙既報であるが、フジテレビの保有するライブドア全株式を、USEN(社長個人)が買い取り、実質的にUSENが支援することが発表された。以下に16日付毎日新聞から、主要部分を引用する(文中の太字・下線は筆者による)。 > フジテレビジョンが保有するライブドアの発行済み株式12.74%すべてを、約95億円(1株71円)でUSENの > 宇野康秀社長が個人で買い取り、ライブドア前社長の堀江貴文被告に次ぐ第2位の大株主となった。 > さらにUSENから2人をライブドアの取締役に派遣する。自力再建が... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 02:31 PM

» USEN、フジテレビ保有のライブドア全株買収へ [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
USEN、フジ保有のライブドア全株買収へ USENがフジ保有株買い取り、ライブドアと提携へ ライブドア:USENとネット事業提携で基本合意 USEN、ライブドア支援合意 ネット事業提携 USEN、ライブドア支援・フジ保有株取得へ 『有線放送・無料インター....... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 02:45 PM

» 【人語248】宇野vs日枝vs孫、最後に笑うのは? [こぼ★ぶろ(cobouzBlog)]
 ここ数日の間に情報通信関連の企業買収で大きな動きがあった。1つはフジテレビが持つライブドア株をUSEN・宇野社長へ売却+USENとライブドアの業務提携。もう1つはソフトバンク(SB)のボーダフォン日本法人買収。これでポータルサイトからネット通信、移動電話までの情報通信分野でいくつかのグループに再編が一気に進みそうだ。  いちから事業を立ち上げるよりもいわば「時間を金で買った」形。ライブドアに関しては、その実態解明がまだ途上と言うことで宇野社長個人がいったん引き受ける形に。フジテレビは特損が出... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 04:15 PM

» USEN社長宇野氏がフジ保有のライブドア株取得 [新丸子の不動産屋です]
証券疑惑、元取締役で堀江氏の逮捕により上場廃止が決まったライブドア株 Excite エキサイト : 経済ニュース USEN社長宇野氏がフジテレビが取得していたライブドア株を71円で譲り受け ライブドア株の第二位の大株主に躍り出ることになった 総額は約95億円とのこと USENは昨今、GYAOという画像配信が伸びているが 元々は、店舗に音楽を流す有線を仕切る業者であった とういう意味でもユーザーとは回線でつながる業者の一つである 昨今はインターネットの普及や 衛星回線の発達で ... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 04:56 PM

» USENがライブドアと業務提携 [たいきぶろぐ]
USENの宇野康秀社長は16日、宇野社長個人でフジテレビが保有する、 ライブドアの全株式を取得することを発表しました。 また、あわせてライブドアと業務提携することも発表しております。 宇野社長個人が取得するライブドアの株は、 1株71円で1億3374万株、合計で...... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 06:52 PM

» USEN宇野社長がフジの全保有株買収 [すとれーとじゃぶ]
 有線放送最大手のUSENが、ライブドアの経営支援のため、フジテレビジョンが保有するライブドア株を全株買収するとともに、インターネットのポータル(玄関口)サイト事業を軸とした業務提携を結ぶことで、それぞれと基本合意したことが16日までに明らかになった。株の買い... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 at 06:59 PM

» USEN、ライブドアと事業提携! [∞最前線 通信]
 皆様、こんばんは!龍司です(^^ 最近、また慌しくなってきましたね・・・  USEN が、ライブドア とネット事業提携で基本合意!とのニュース    X        ?  この業務提携、 ◎USEN にとっては・・・ 完全無料パソコン... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 12:09 AM

» USEN代表取締役社長「宇野 康秀」 [chiki's Blog]
USEN代表取締役社長を務める「宇野 康秀」さん(以下、宇野社長)、上場廃止となったライブドアを支援(?)するというニュースが流れ、一躍脚光を浴びて... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 12:25 AM

» @nifty:NEWS@nifty:[提携]USEN、ライブドアと業務提携、フジ保有全株を宇野社長個人が95億円で取得(BCN) [女性fpきょんママのマネーの話・・・日々雑感]
@nifty:NEWS@nifty:[提携]USEN、ライブドアと業務提携、フ [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 12:35 PM

« 特定社労士について思う | Main | ソフトバンク、ボーダフォン日本法人の買収について »