« 新銀行東京(SGT)について | Main | 株式市場トラブル続き »

January 04, 2006

報知新聞ネタですが・・・

 小嶋社長さんも色々な小技を出していらっしゃるので思い白いですね。マスコミからの損害賠償100億円なんて取れる訳もないでしょうに、(国からの50億円もありえなそうですが)、住民の真剣な怒りをはぐらかす為とはいえ、無責任な発言だと思います。

 報知新聞より --------------------

 小嶋社長本気なの?補償150億円計画
    マスコミから100億+国から50億

 耐震強度偽装問題で、マンションを販売したヒューザー(東京・千代田区)の小嶋進社長(52)が、居住者に対して不可解な補償プランを示していたことが3日、明らかになった。国と事件を報じたマスコミを相手に訴訟を起こし、損害賠償として計150億円を請求。これを居住者への補償に当てるというもの。居住者側は、最初からこれを本気にはしていない様子だが、新年早々、小嶋社長の“オジャマモン”ぶりが浮き彫りとなった。

マンション居住者が証言

 小嶋社長がひそかに温めていた補償プランが、マンション居住者の証言で明らかになった。「小嶋社長はマスコミに100億、国を相手に50億円の損害賠償を請求して補償に当てると言うんです…」。昨年11月に偽装が発覚してから、何度かヒューザー本社を訪ねて面会してきた居住者らに対し、「彼は会うたびに同じ話をしていた」という。

 その際、小嶋社長は「法律があるので瑕疵(かし)担保責任を負っているが、自分も被害者だ」と強調。自身が窮地に追い込まれた理由として「国交省の対応のまずさと、マスコミによる風評被害」を挙げて、150億円請求の正当性を主張していたという。

 中略

 ヒューザーは昨年12月21日、マンション居住者から破産申し立ての意向を突きつけられた。その数日後、小嶋社長は東京・江東区の「グランドステージ住吉」で対策委員長を務める八住庸平さんの携帯電話に連絡。「住民と一緒に補償を考えたいので、破産申し立てを再考してほしい」と要請してきたという。しかし「基本的には(破産申し立てへの)方針は変わらない」と八住さん。すべてがスムーズに運べば、破産申し立ては「(1月)20日ぐらいが最短のタイミング」になりそうだという。
 --------------------------

 これだけ屁理屈を連発できれば、昔なら良い?政治家に成れたかもしれませんね(笑)。倒産は時間の問題でしょうが、どこまで小嶋社長の個人資産や無駄な政治献金を回収して、補償を厚く出来るかがこれからの課題だと思います。


 ご参考になった方は是非清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、なんとか一位をキープしております。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。今瞬間5位まで上がっています。ありがとうございます。こちらも応援のクリックお願いいたします。

|

« 新銀行東京(SGT)について | Main | 株式市場トラブル続き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/7997001

Listed below are links to weblogs that reference 報知新聞ネタですが・・・:

» 国税庁、耐震偽装被害者の税金を「災害」と認定して軽減 [日高正樹税理士事務所 (名古屋税理士会千種支部所属)]
27日の日本経済新聞に耐震偽装被害者の税金についての記事が掲載されていました。 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051227AT1G2604E26122005.html 耐震偽装に関する被害者の方に対する所得税について、「異常な人為災害」と判断して税負担軽減措置の適用対象とす... [Read More]

Tracked on January 05, 2006 at 03:24 AM

» 小嶋社長のキテレツプラン [夜いち!やじさかなプラスⅡ]
小嶋仰天プラン…マスコミ100億、国50億請求 ZAKZAK 2006/01/04 耐震強度偽装事件で、マンション開発会社「ヒューザー」(東京都千代田区)の小嶋進社長(52)が、国とマスコミから損害賠償など計約150億円を勝ち取って住民への補償に充てるという、仰天の“キテレツプラン”を住民にぶち上げていたことが4日、分かった。これまで小嶋社長は発言を二転三転させ、住民からは「初めから信用して�... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 at 12:01 AM

» 世紀東急工業、偽装物件を問題なしと当初回答 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 世紀東急工業、偽装物件を問題なしと当初回答 世紀... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 at 09:40 PM

« 新銀行東京(SGT)について | Main | 株式市場トラブル続き »