« ライブドア証券 | Main | 一仕事終了 »

January 26, 2006

解散価値

 ライブドアの解散価値について、「財務アナリストの雑感(1月18日)」で、ざっくり1株あたり82円程度ではなかろうかとの分析がなされています。

 今日、(待望の)磯崎先生のisologueにおいても分析がなされていますが(まだ途中です)、磯崎先生の見解ですと、損害賠償請求などの偶発債務が相当見込まれるので、それに敗訴したら解散価値はゼロに近いのではないかとの慎重な見方をされています。

 3月決算時の、1株当り純資産は185円であり、これを基準にマスコミやBLOGなどで適正水準の株価を議論されている場合が多いようですが、少なくとも保有している関連会社(LDMやダイナシティ等)の株価は3月末比激しく下がっていますので、純資産は目減りしていると見るのが妥当です。

 私個人の見解は、会計士のお二人のどちら寄りかと言うと、前者の82円マイナスアルファ(訴訟敗訴)でそれでも債務超過ではない(50円くらい)のではと思っています。銀行で清算バランスとか作ったこともありますが、基本的に素人なので(笑)、話半分に聞いてください。

 同社の株式ですが、東証の厳しい規制により、流動性が落ちて急落するかと思いましたが、136円(-1円)で寄り付きその後下げているようです。(今128円)仮説が合っているかどうか、楽しみです。

 もちろん解散しなければ、継続企業の価値としてもっと値段がつくことは当然ありますので、その辺は誤解無きようお含み置きください。


 ご参考になった方は是非清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、瞬間ですが全体で1位になりました。本当に感謝しております。また是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。遂に1位を明け渡してしまいました。応援いつもありがとう御座います。f957849c

|

« ライブドア証券 | Main | 一仕事終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

たきもと先生。

ご挨拶が遅れましたが
dancing-ufoでございます。

TB有難うございました。
スピード計算だけで勝負の「82円」。
議論のタタキ台にして頂いただけでも
感謝感激でございます。

先生のご意見、大変参考になりました。
引き続きよろしくお願い申し上げます。
              dancing-ufo拝

Posted by: dancing-ufo | January 26, 2006 at 07:13 PM

たきさんへ

私も銀行時代、精算バランスを毎日作る暗い仕事を2年ほどやっていました。その時、会社の実態があるところでも在庫は2割程度で計算していたように思います。
しかし、現金はそのまま計算していましたが(もちろん損害賠償額なんて考えずに)、CASHはそんなに残っていないのかな~。
そのあたりが鍵だと思います。

また来週お会いしましょう。

Posted by: 蒲島 | January 26, 2006 at 09:43 PM

 dancing-ufo様

 コメント恐縮です、isologueとセットで、いつも非常に参考にさせて頂いております。

 私は会計系は素人ですので今後ともどうぞよろしくお願い致します。


 蒲島さん

 当社はCASHが結構あって、さらにフジテレビ向け債権とかがあるようでこの辺は掛け目100で評価できるのではというのが計算の根拠になっています。

 話は代わりますが、清算バランスの作成は不毛な仕事ですよね(笑)多分もう出来ない・・・・

Posted by: owner | January 27, 2006 at 01:41 AM

こんばんは。

私も、50円以下なら買ってもいいかなぁ、
という印象は持っています。
そのあたりが、ぎりぎりの換金価値かなと。

粉飾決算を行っていたなら、
その修正待ちといったところですかね。
とりあえず、直近の決算書は、
あまり信用できないかなと。
そういえば、直近の決算承認には、
フジテレビの派遣役員も、
当然関係しているんですよね。。。
なんともいえませんね。

Posted by: grande | January 27, 2006 at 02:43 AM

 grandeさま

 コメントありがとうございます。恐縮です。

 心理的にも、50円というのは節目のような感じもするので、この水準まで下がったら記念に1000株程度は買ってみたいです。

 今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: owner | January 27, 2006 at 04:04 PM

こんにちは。
ライブドア関連のブログを斜め読みしていて通りかかりました。

現預金について、みなさん昨年9月期の数字を元に計算されているようですが、その後も活発に買収を繰り返しているため日経のアナリストコメントでは半分になっているという仮定での計算例も紹介されていました。(一方でポータルサイトの会員など貸借対照表に載ってない資産の話もあります)

10月以降の買収で主なもの

メディアエクスチェンジ、ライブドアが買収――サーバー容量不足補う。2005/11/23, , 日本経済新聞 朝刊, 9ページ, , 335文字
抜粋 > MEXの第三者割当増資引き受けとTOB(株式公開買い付け)で、発行済み株式の五〇・六九%以上を取得する。買収総額は六十億円以上となる。

ライブドア、米ネット広告会社買収――95億円で全株取得。2005/11/19, , 日本経済新聞 朝刊, 9ページ, , 356文字

ライブM、セシール株、TOB成立。2005/11/17, , 日本経済新聞 朝刊, 16ページ, , 289文字
抜粋 > アジア物産の子会社化とTOBを合わせ、約二百四十四億円かかる見通し。

http://finance.livedoor.com/img/ir/4753/news/051021.pdf
Ⅳ.その他
ライブドア及びライブドアマーケティングが、セシールについて外部の専門家を利用して財務数値に関する簡易調査を実施した結果、セシールの有形固定資産のうち土地の一部につきましては、時価が簿価を50 億円弱下回るとの推計も指摘されておりますが、ライブドア及びライブドアマーケティングとの事業提携によるシナジー効果が大きいと判断し、今回の資本提携を行うことといたしました。

どうなんでしょうね。

Posted by: ニャンニャン | January 29, 2006 at 10:23 PM

 コメントありがとう御座います。

 ライブドアが買い物上手であれば(笑)、現金が同額以上の有価証券に変わっているので問題は無からんと思いますが、中身見てみると、目減りしてる可能性多いですね・・・・

Posted by: owner | January 30, 2006 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/8346881

Listed below are links to weblogs that reference 解散価値:

« ライブドア証券 | Main | 一仕事終了 »