« PRIJECT-X 最終回 | Main | 育児休暇の助成措置 »

December 30, 2005

サービス残業リスク

 最近、サービス残業の摘発の記事をよく目にしますが、今までは「なあなあ」でやってきた労使の慣習が許されないと言う認識が広がってきたことの現われだと思います。福岡のホームストアー「ナフコ」も、随分高い授業料を払わされたようです。

 共同通信より抜粋 --------------

 サービス残業で「慰労金」 ナフコが2億4千万円支給

 ホームセンター大手の「ナフコ」(北九州市)が、従業員にサービス残業をさせていた可能性があるとして、従業員の約9割の1084人に2億4390万円を支払っていたことが29日、分かった。
 ナフコは昨年9月、北九州市内の3店舗で残業代を一部支払わなかったとして北九州東労働基準監督署から労働基準法違反容疑で書類送検された。同社は労基署の調査開始後に、全店舗(当時約150店)の従業員を対象に2002年度と03年度のサービス残業の調査を実施。その結果、約1億5000万円の申告があった。

 同社は管理職の店長らの額も算定して加え、対象の1084人に均等に22万5000円を「勤務慰労金」として支給した。

 同社は「サービス残業が実際にあったかどうかは分からないが、勤務時間の管理が甘かったのは事実。反省の意味も込めて慰労金を支払うことにした」としている。(了)
 ------------------------------------

 法的には、この怪しげな慰労金によりサービス残業代が全て免責されるわけではないでしょうが、とりあえず事を荒立てる人がいなくなる効果は充分にありそうです

 私も、もう少し後に退職していたら、100時間×2年分のサービス残業代請求訴訟を起こしていたかもしれません(笑)


  ご参考になった方は是非清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、なんとか一位をキープしております。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。今10位まで戻ってきました。ありがとうございます。こちらも応援のクリックお願いいたします。

|

« PRIJECT-X 最終回 | Main | 育児休暇の助成措置 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

To)たきもと先生

本年は大変お世話になりました。
来年も、充実した1年になるよう努力します。

良いお年を!

kuro

Posted by: kuro | December 30, 2005 at 09:09 PM

 kuroさま
 コメントありがとう御座います。
 来年は、合格から開業に向けての準備ということで、是非飛躍の年にして下さい。
 私も、もっと前進したいと思っています。

Posted by: owner | December 30, 2005 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/7899664

Listed below are links to weblogs that reference サービス残業リスク:

« PRIJECT-X 最終回 | Main | 育児休暇の助成措置 »