« お仕事など | Main | もとJリ-ガーが司法試験突破 »

November 13, 2005

日銀の独立性

 間抜けな三流政治家が、日銀の独立性を侵そうとしています。ただでさえ経済音痴の政治家集団が、通貨の番人である日銀の政策決定権をにぎってしまったら、円は暴落するでしょう。ドル買い、いやユーロかポンド買いの必要がありそうです。

 読売新聞より抜粋------------------

 量的緩和解除は尚早、自民政調会長が日銀をけん制

 自民党の中川政調会長は13日の京都府連パーティーでのあいさつで、日本銀行が2006年春にも金融の量的緩和政策の解除を模索していることに関し、「どうすれば06年にデフレ脱却ができるのかをしっかり考え、今の量的緩和の議論をしないといけない」と述べ、デフレ脱却を確実にするためには、量的緩和策の解除を急ぐべきでないとの考えを示した。

 そのうえで、「政策手段の独立性は認めるが、政策目標は政権と常に合致させる責任があり、独立性はない。それが分からなければ、(日銀の独立性を定めた)日銀法改正も視野に入れなければならない」と述べ、デフレ脱却の政府公約の達成に協力するよう、日銀を強くけん制した。
------------------------------

 イギリスのイングランド銀行の総裁は、大蔵大臣よりも権威があり政治の圧力には決して屈しません。ヨーロッパのECB「European Central Bank」も然りです。このような目先の発言が出てくること自体に、この国の政治化のそこの浅さを感じ、早く海外に脱出するだけの資金を稼ぎたいと思います。

 是非清き2クリックをお願い致します。

★にほんブログ村、一位と二位を行ったり来たりしています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。今15位近辺をうろうろしています。こちらも応援のクリックお願いいたします。

|

« お仕事など | Main | もとJリ-ガーが司法試験突破 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/7097566

Listed below are links to weblogs that reference 日銀の独立性:

» さすがにこれは自民党の驕りではないか 〜量的緩和「日銀に説明責任」 中川政調会長 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『自民党の中川秀直政調会長は13日、京都市内であった党京都府連のパーティーで、日銀が量的緩和政策を解除するとの見方が強まっていることについて「どうやったら06年にデフレを脱却できるのか、しっかり考えて量的緩和の議論をしてもらわないといけない。説明責任が日....... [Read More]

Tracked on November 17, 2005 at 05:59 AM

» 政府・与党はどうして日銀の金融政策を牽制するのか? [吉岡家一同おとうさんのブログ]
私も官庁エコノミストの一人として、政府・与党と日銀との間の先行きの金融政策、即ち、デフレ脱却後の出口政策をめぐる動きには大いに注目しており、ここで私なりの意見を申し述べたいと思います。... [Read More]

Tracked on November 17, 2005 at 09:27 PM

» No23 金融緩和の解除はNG?② ・・・日銀の独立性問題 [〜経済ニュースの森の奥〜 ・・マクロな視点から。]
11/18 日経新聞19面<論説> ・・・「金利正常化を待望する」金融緩和解除をけん制する政治的発言が相次いでいる。金利が上昇したら景気が失速しかねないとの懸念表明だ。果たして本当だろうか。  仮に、近い将来93年の金利水準(短期金利2%長期金利4%)になったとしても企業の営業利益率は現在4%(93年2.5%)とバブル前の水準を回復しているので金利を正常に戻しても問題ないはずだ。 また国債金利が4%になると7.5兆円金利負担が増えるが、景気回復�... [Read More]

Tracked on November 20, 2005 at 12:25 PM

» 日銀の金融政策変更に関する論争は勝負あった・・・・・かナ? [吉岡家一同おとうさんのブログ]
日銀の金融政策変更に関する論争は勝負あった・・・・・かナ? [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 09:16 AM

» No23 金融緩和の解除はNG?② ・・・日銀の独立性問題 [〜経済ニュースの森の奥〜 ・・マクロな視点から。]
11/18 日経新聞19面<論説> ・・・「金利正常化を待望する」金融緩和解除をけん制する政治的発言が相次いでいる。金利が上昇したら景気が失速しかねないとの懸念表明だ。果たして本当だろうか。  仮に、近い将来93年の金利水準(短期金利2%長期金利4%)になったとしても企業の営業利益率は現在4%(93年2.5%)とバブル前の水準を回復しているので金利を正常に戻しても問題ないはずだ。 また国債金利が4%になると7.5兆円金利負担が増えるが、景気回復�... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 06:53 PM

« お仕事など | Main | もとJリ-ガーが司法試験突破 »