« 祝 阪神優勝!! | Main | 民主党前原代表がBLOGを検討 »

October 01, 2005

首相の靖国参拝は違憲

 高裁レベルでの違憲判断は今回が初めてです。前回の福岡地裁の手法を用いて、主文では小泉首相の全面勝訴とし上告を封じておいて、傍論で違憲判断を述べています。その点については、蛇足と言う批判がまた出てくるのではと思います。

 ★にほんブログ村、一位と二位を行ったり来たりしています。是非応援のワンクリックお願い致します。<(_ _)>。

 ---------------- 読売新聞ニュースより抜粋

小泉首相の靖国参拝は違憲…大阪高裁が高裁初判断

 長文ですので、詳しくはこちらのURLを参照してください。

 ◆靖国参拝訴訟の大阪高裁判決の骨子◆

▽小泉首相の参拝の動機は政治的なもの
▽参拝は内閣総理大臣としての職務行為
▽参拝は憲法20条3項の禁止する宗教的活動にあたる
▽国内外の強い批判にもかかわらず実行される小泉首相の参拝は、国が靖国神社を特別に支援しているとの印象を与えている
▽内閣総理大臣は、参拝が私的行為か公的行為かを明確にすべき

 ------------------------
 
 最高裁は、政教分離の基準について「目的効果基準」という基準を立てています。これは、当該行為の「目的」が宗教的意義を持ち、その「効果」が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉になるような行為を「宗教的活動」と解するものです。この「目的効果基準」はどちらかと言えば、政府にとって甘めの判断基準であり、合憲とするためのロジックとして使われてきたきらいがありますが、今回の大阪高裁の判断は、この甘い基準に照らしても違憲とせざるを得ないと判断された「愛媛玉串料訴訟」と同じ立場に立ったものと思われます。

 アメリカでは、最も厳格な基準である「レーモン・テスト」とか、それを若干緩めた「エンドースメント・テスト」の基準が立てられています(詳細は割愛)。学問上では、もっと厳しい基準を立てて「違憲である」と書くのが正しいと思いますが、実際に法廷で違憲判決を述べるのは勇気が要るだろうと思っています。そういう意味で本件は意義のある判決だと思います。

 小泉首相側からは上告できないので、折角ならば原告から最高裁まで上げてもらい、最高裁の判断を見てみたいと思います。(訴えの利益なしで判断回避される可能性が高いと思いますが・・・・)

 ★人気blogランキング(法律・法学)に登録しています。今日は何位でしょう?

|

« 祝 阪神優勝!! | Main | 民主党前原代表がBLOGを検討 »

「LAWSCHOOL」カテゴリの記事

Comments

▼瀧本先輩

 お忙しい中アンケートのメールありがとうございました。
先輩の生の口コミは本当に助かります。

 ところで、私もこの傍論で「違憲」をいう手法には疑問があります。
朝日新聞のある教授のコメントで「このような傍論判決が集積していけば違憲審査制度が崩壊する」とおっしゃっていた点はなるほどなと思いました。

Posted by: 早稲田日記 Yuichiro | September 30, 2005 at 07:52 PM

 Yuichiroさま
 コメントありがとう御座います。
 私も斯様な裁判所の判決には疑問無しとはしませんが、取敢えずの一歩ということで評価できる面もあると思います。

Posted by: owner | October 01, 2005 at 11:09 AM

はじめまして。
突然の書き込み、失礼いたします。
弁護士の卵さん、ということで、
お伺いしたいことがありまして。

トップタイトルについてですが、
”裁判官が傍論で述べた事柄を取り上げて、
「違憲判決」とマスコミが報じているが
これは全くの誤報だ”
という意見が、ネット上で多々見受けられます。

傍論である限り、
これはやはり、「誤報」といえるのでしょうか?

実際、裁判官の傍論には、どの程度の重みがあるものなのか、
教えていただけますか?

Posted by: 大枝桂子 | October 19, 2005 at 05:52 PM

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 この場合の「違憲判決」は、実際は判決主文ではなく傍論で書かれているので何の拘束力も持ちません。判決文の中に書かれているので、判決ではないというのは違うように思いますが、主文ではないことは確かです。

 さらに、最高裁の傍論であれば、今後の下級審の判断に影響を与えるので、それはそれで大きな意味を持つのですが、高裁どまりでは、本当に高裁の裁判官の個人的な意見どまりになってしまうのでその効果は非常に限定的だと思います。

Posted by: owner | October 19, 2005 at 10:15 PM

たきもとさん。

早速のご回答ありがとうございます。
つまり、「違憲判決」と報じたそれはやはり、
誤りだったと受け取るのが妥当、ということでしょうか。
(傍論を、判決の一部、とみなす見方は一般的にもありえないもの?)

何の拘束力もないのに、
小泉氏は今回参拝の形式を一般庶民のそれにあわせて
とり行ってます。
おまけに、判決には実質勝訴しているのに、
その傍論に対する不満も口にしてました。
彼にそうさせたのは、なんなのでしょうか?
ここが大変不思議です。

(しかし、法曹界では、
最高裁の傍論と、高裁の傍論とで、
そんなに影響力がちがうんですね。
驚きました。
私もできれば、上までいって、闘って欲しかったですね)。

くどくてすみません。

Posted by: 大枝桂子 | October 20, 2005 at 01:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/6185204

Listed below are links to weblogs that reference 首相の靖国参拝は違憲:

« 祝 阪神優勝!! | Main | 民主党前原代表がBLOGを検討 »