« 授業開始 | Main | 士業の受任義務 »

April 05, 2005

就業規則ビジネス

 先日、社労士の集まり(飲み会)に言って話題になったのが「就業規則」の作成ビジネスについて。

 労働基準法89条によれば、常時10人以上の労働者を使用する使用者は「就業規則」の作成義務があり、それを所轄労働基準監督所長に届け出なければならないとされていますが、実際の中小企業ではろくに作っていなかったり、メインテナンスがされていないところが殆どで、つい最近まではその必要性も認識されていませんでした。
 
 最近急に、この「就業規則」が見直されてきています。①助成金を貰うためには、制度をきちんと運営している必要があり、そのために必要 ②労使のトラブルが発生し、大きな損害が発生して(あるいは知り合いがそうなって)初めて、これを未然に防ぐ就業規則が必要であるとの認識を得る。といった外部環境の変化により、「就業規則」を作成する会社が増えてきています。

 この分野は社労士分野なので、皆さんあの手この手で売り込みをかけているようですが、一つ気になったのは安売りで受注すると言う戦略です。「就業規則」自体は、本屋でCDROM付きの本で5千円~1万円も出せば買える物なので、社長が自分で作ればすむ話です。社労士に頼む付加価値の部分は、会社にあわせた微調整と、さらにトラブルになった場合のフォローの部分だと私は思っています。この部分をディスカウントすることは、リスクに見合わない受注を取ることに繋がり、トラブルが発生した場合赤字になりかねないと考えます。

 就業規則は、変な言い方ですが事業主が勝手に作れます。作成した際には、労働者の意見を聞くことが必要(労基法90条)ですが、同意は不要とされていて、反対意見を添付して提出しても有効です。(意見を記した書面を添付する必要はある)労働者の団体が、就業規則に反対で書面の提出を拒み続けた、と言う事件がありましたが、その場合は意見を聞いたことが客観的に証明できれば、添付しなくても差し支えないという判例も出ています。

 ビジネスをやる上で、いろいろなリスクを想定して、あらかじめ手を打っておくというのは、経営の基本だと思います。会社を起こす際には、労働者とのトラブルを防ぐべくきちんとした就業規則を、10人未満の状況からでも作っておくことは大切だと思います。(もし宜しければ私がお作りします(笑))

|

« 授業開始 | Main | 士業の受任義務 »

「社会保険労務士」カテゴリの記事

Comments

就業規則の報酬体系は難しいですね。
スポットで対応するのか、それとも顧問になるのか。
私の場合手続き込みで顧問予約と合わせて格安にての対応となりそうです。

Posted by: KABA | April 05, 2005 at 08:52 PM

たきさま、KABAさま

私の場合は就業規則は、コンサルへのツールのひとつですね。
就業規則を作成していく過程で、内在していた社内の問題が表出してきますから。

就業規則が先か、顧問契約が先かと言えば、顧問契約をしてから、
おもむろに就業規則作成の提案をする、というのが私のパターンですね。

ただ、最近になって別のパターンもでてきました。
ある会社で、社長が、勉強のために従業員に就業規則を作らせたいと言い出したのです。
今日も賃金規程のコーチに行っていました。
もっともこの会社からいただいている顧問料には、
コンサル料も含まれていますので、これからは、こういうのもありかな、と。

Posted by: 沙理 | April 05, 2005 at 09:28 PM

たきさま

全然関係ありませんが、このあいだお話をしていた博士の年金サイトがさきほど開店しました。

私も書かせていただいておりますので、お暇なときにでもお立ち寄りくださいませ。

http://www.e-nenkin.net/

Posted by: 沙理 | April 06, 2005 at 12:07 AM

 KABAさま
 そうですね、私は顧問をあまり積極的にとる気が無いので、スポットでそれなりの金額でお引き受けすることになりそうです。顧問も、切られるリスクを考えると安売りはしたくないところです。

 沙理さま
 サイト見てきました。今後の充実を期待しております。最短最速には、無理言って、リンクしていただきました(笑)

Posted by: owner | April 06, 2005 at 12:23 AM

年金サイトを拝見しました。
このクイズであえて3番で40歳以上というくだりを除いた理由はあるのでしょうか。たいせいに影響はないのですが(解答は変更ないので)少し気になりましたので書き込んでしまいました。

Posted by: KABA | April 06, 2005 at 11:16 AM

どうも、やまだです!
#本名で登場!
 すっかりご無沙汰しておりましたが、なるほどーと思ったので、参考にTB記事を書きましたのでご連絡です。

 基本的に、就業規則は顧問とは別で、最初にお受けするのが多いです。その後の運用とか相談ということで、費用をいただいているところがほとんどです。
#おそらく何か問題が起きて依頼されることが多いからでしょうか?

 実は顧問でも手続を受諾している会社さんは非常に少ないです・・・。
#自分でやりたいというところが多いので。
 ただ、最近手続やら新しい依頼が増えて、ばたばたしています。(^^;

 いつか飲み会したいですね。また、遊びに来ます!

Posted by: やまだ経営労務管理事務所 やまだ | April 06, 2005 at 01:49 PM

KABAさま

サンケイ新聞の読者が対象ですので、博士は敢えてシンプルな構成にされているのではないでしょうか。

私も10回目あたりを担当させていただくのですが、「年金のことをあまりよくご存知でない方」を念頭におき、
あまり複雑な問題にならないようにしようと思っています。

「年金相談の現場から・・・」は週一回ぐらいで更新させていただこうかな、と思っています。
『年金相談とは、すなわち人生相談』というのが、
私の持論ですから。(笑)

やまださま

お久しぶりですねー。
今度上京したときには、遊んでやってくださいね。

Posted by: 沙理 | April 06, 2005 at 08:10 PM

 皆様、書き込みありがとうございます。
 やはり就業規則は、ビジネスになるものが多いですよね。また、思いつくことを書きたいと思っています。

Posted by: owner | April 07, 2005 at 01:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/3567932

Listed below are links to weblogs that reference 就業規則ビジネス:

» 就業規則はリスクマネジメントの第一歩 [人事労務リスクマネジメント研究所]
 taki-log@たきもと事務所さんの記事を見て共感したので、トラックバック。 [Read More]

Tracked on April 06, 2005 at 01:42 PM

« 授業開始 | Main | 士業の受任義務 »