« January 2005 | Main | March 2005 »

February 27, 2005

風邪を引いた

 今年は今まで大丈夫だったのですが、ついに風邪を引いたようで、カラ咳が止まりません。一気にライブドアネタ6連発を夜なべして書いた天誅が下ったのかなぁ。
 ちなみに、下のコメントでありますが、今回の東京地裁への発行差し止めの仮処分申請は、どちらかに決定が出たとしても、全体の中の局地的な判断であって、東京地裁が今回のM&Aの白黒をはっきりさせると言う意味は無いのでご注意を。
 まるで今回の裁判で決着が付く、的な論調の方もいらっしゃるもので・・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 26, 2005

ライブドア株(番外)

 先日のFPの飲み会でも話題になったのですが、今回のLB証券の役割と今後の行動について、ほとんどの人が勘違いをしているようなのでコメント。

 ポイントは、証券会社は、ファイナンスをつけるのが仕事であって、その後の買収が成功するかどうかには、極論すればまったく興味が無いということ。(ただし下記の理由により、1ヶ月程度は急落は避けて欲しいという願望はあると思います)

 LB証券の立場に立って考えると、①800億円をLB証券が調達した②ライブドア社のMCBを800億円引き受けた③ヘッジ用としてライブドア社の株を一部借り株している、ということです。
 ①は恐らくLIBOR+αの金利での調達で、転換社債がゼロクーポンなので、ぼけっとしていたらキャリーで損が出ます(少額ですが)。
 ②MSCBは、前週の連続する3営業日のVWAPの9割で株式に転換できる。(VWAPは後述)つまり、平たく言うと今の値段の9割で株に転換できる⇒すぐ売れば1割の儲け
 ③そうは言っても、転換した株が手元に来るのにタイムラグがありその間に株価が下がると困るので、それをヘッジするために借り株をして空売りが出来るようになっている。

 じゃあ、800億円をすぐ転換して、全部処分すれば80億円儲けて終了ではないか?理論上はその通りなのですが、例えば、今日の(それなりに盛り上がっている相場の)出来高で同社株の売買代金が約200億円程度。いくらなんでも、一人で全株売り浴びせることは不可能なので2割位が最高だとすれば、一日に処分できる株は40億円。すると800億円捌くには今の水準でも20営業日以上必要になります。ディーラーチームは細心の注意を払って株価を下げないように少しずつ売っているものと思われます。

 下がっても、転換価格も下がって常に一割取れるからいいのでは?ここで最低転換価格が効いてきます。157円が最低転換価格だったと思いますが、株価が173円以下になると、それ以上転換価格が下がらなくなるために儲けが減って行き、株価が157円を割るとそれ以降に売った分は赤字になります。つまり、全株を処分するのに必要な20営業日(実際はもっとかかると思います)は最低でも173円以下まで下がって欲しくないということです。

 毎日、純粋な売り切り株が40億円分も出てくる株式の株価が上がることはとても考えられませんね。ということで、私は撤退しました。
 見事に換金が成功したらLB証券のチームの人達はものすごい金額のボーナスが出るんでしょうね。うらやましい・・・ 換金が終わったら、ライブドア社の買収がどうなろうと全く関係が無い(冒頭の意見)ことになります。

 おまけ

 VWAP(Volume Weighted Average Price)売買高加重平均価格のことです。1000円で1株、1100円で1株、1200円で2株取引があった場合、単純平均では1100円になりますが、VWAPでは1125円になります。(ヴイワップで買いたい!なんて証券会社に注文出すと通っぽいですね(嘘))

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 24, 2005

ライブドア株(続々)

 まだまだ続く、ライブドア対フジサンケイグループ。ちょっと尻切れトンボのような終わり方になってしまったので、続きを書いてみたいと思います。(結構反響があって、続きを書けという要請もありました(笑))

 第三者割当による新株予約権発行の概要
①新株予約権の目的たる株式の種類および数
47,200,000 株(本新株予約権1 個当たりの目的たる株式の数10,000 株)
これが全額実行されると50%超の株式をフジテレビが握り、ニッポン放送は同社のの完全な子会社になります。
②新株予約権の発行価額 1個につき3,362,731 円
発行価額ゼロで発行してしまうと、「有利発行」ということで、株主総会の特別決議が必要になるので、それを避けるためにきちんと時価を計算したのでしょう(1円単位まで・・)。これだけでもとりあえず15,872百万円。
③新株予約権の行使の際の払込金額の総額
2808億4000万円
ライブドアの800億円の3.5倍です。すごい金額です。ただし、オプションのいいところは使わなくても良い訳で、ライブドアが「敗北宣言」すれば、使わなくて済む可能性があるわけです。(多分そうなる)
④行使請求期間
平成17 年3 月25 日から平成17 年6 月24 日
短い。長くすると、オプション価格算定のときにタイムバリューが大きくなってしまうので、それを防ぐためと、この位の期間があればライブドア社が音を上げるという読みでしょうか。
⑤新株予約権の消却事由および消却条件
消却日に、本新株予約権1個あたり3,362,731円にて、全部または一部を消却することができる。
フジテレビは新株予約権を購入するためにお金を払うわけですが、使わなかった分は返してもらえるようです。

 とまあかなり強引な新株引受権の付与なのですが、これは既存株主を害するのではないか、というライブドアの主張ももっともです。せっかく高いコストを払って40%も買いつけたのに、負けそうなフジテレビに巨額の増資を引き受けさせて、買収すると言う目論見をパーにされてはたまらないと言うのも一理あります。法的にはどうでしょう?

 判例は、一貫して既存株主の利益保護よりも会社の資金調達面を重視して、経営者の特定株主への割り当てを合法としてきています。唯一違う結論になったのが、平成元年7月25日(東京地裁)の「いなげや・忠実屋」事件ですが(新株発行が特定の株主の持ち株比率を低下させ現経営者の支配権を維持することを主要な目的としてされたものであるときは、その新株発行は不公正発行に当たるというべきであり・・・)、この場合は新株の相互引受になっているという特殊事情があって無効とされたものですが、それからも資金調達重視(つまり増資は有効)の流れは変わっていないようです。

 勿論本件も抜かりは無く、資金使途が「(仮)臨海副都心スタジオプロジェクトへの整備資金」に利用されるそうなので、資金使途は正当です(上記の主として特定の株主の持ち株比率を低下させに該当しない)といえるのでしょう(しかしこんなプロジェクトの資金を全額増資でまかなうなんて普通は無いですよね(笑))

 ライブドア社の差止請求について、東京地裁がどのような判断をするのかは非常に楽しみですが、個人的にはどちらに転んでも、もはや長期戦に突入しているので、資金的にきついライブドアが苦しいように思えます。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

February 22, 2005

ライブドア株(続き?)

 まだまだこの会社のネタは尽きないようです。
------------------------
毎日新聞より抜粋
ライブドア:副社長、株追加売却で誤記載
 米国系のリーマン・ブラザーズ証券がライブドアの堀江貴文社長から借り受けたライブドア株の売却をめぐり、ライブドア副社長が運営するインターネットの日記型個人サイトで事実と異なる記述をしていることが21日、分かった。リーマンは借り受けた約4672万株(発行済み株式総数の7.26%)のうち約890万株を10日に売却。さらに、約280万株を10日以降、2度にわたり追加売却したが、同サイトでは「売っていない」と記しており、「一般投資家の誤解を生む」との指摘も出ている。
 リーマンが関東財務局に21日提出した変更報告書によると、借り受けたライブドア株のうち14日に200万株、15日に約80万株を市場で売却した。その後、16日にリーマンのグループ会社から約815万株を借り受け、16日時点でのリーマンの保有株数は約4317万株(同6.71%)となっている。
 これに対し、ライブドアの熊谷史人副社長の個人サイトは18日付でリーマンが10日にライブドア株を売却したと指摘しているものの、「それ以降の株価の下落局面では一切株式は売っていない。リーマンの日本代表に下落局面で売却していないという事実を再確認した」と記している。同サイトはネット上の株式欄にも引用され、投資家の売買の参考にされている。
 証券取引法では、株式相場の変動を目的に虚偽の情報を流す行為を「風説の流布」として禁止している。副社長がサイトに間違った記述をした理由は不明で、ライブドア広報は「担当者と連絡がつかない」と話している。
 リーマンは8日、ライブドアと800億円の転換社債型新株予約権付き社債の契約を結び、ニッポン放送株取得資金をライブドアに提供した。契約には、堀江社長が保有するライブドア株の一部をリーマンに貸与する内容が盛り込まれている。
-------------------------
 上場会社の副社長がお粗末過ぎますね。きちんとファイナンスの理論(ルールも)を勉強する必要があります。資金調達も日進月歩なので、こんな不勉強な役員がいる会社は危険です。今日、一時吹き上がっていましたが、どうやら、フジテレビが25%と言わず、33.3%近く押さえたようで、後場は急落になっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2005

ライブドア株3

 本日、昨日の宣言通り、ライブドア社の株を処分しました。

 ニッポン放送の株式を40%超取得したと言うニュースが出たお陰で株価は急反発。木曜日に375円で1000株、金曜日に315円で1000株買った2000株を、手数料だけ稼いで350円で全部売ることが出来ました。(終値は366円だったようですが)しばらくは、昨日書いた理由で、この株は買うことはしないと思います。

 値下がりしたときに同じ株式を買い増しして、平均買い付け単価を下げるのを、ナンピン(難平)買いといって負ける投資家の行動パターンなのですが(笑)今回はなんとかチャラで降りれたので良しとします。先輩ディーラーが「ら(損得なし)にするのはしい」のだ、と言っていましたが、その通りです。

 私の株の損得はそれ位にして、MSCBやMPO(MSCBを証券会社に対して発行し、証券会社が株に転換して市場に徐々に放出する方法(Multiple Private Offering))というのは、最近のホットなネタのようです。今週号の週刊ダイヤモンドの特集「沈む野村證券」でも、元野村證券でMPOの仕組みを開発されてUBSに転職した方に関する記事が取り上げられてます。

 このファイナンス手法、かなりの劇薬のような気がしますが、一応正当な用法もあるのかなと。今回の株の売買については、間抜けなトレードと自己反省しきりですが、最近のトピックスについて色々勉強になったことは大きな収穫です。
 「少額でも株式投資すると、経済のことに興味を持てるようになりますよ。」と、良くFP相談のときにお客さんに言っていましたが、まったくその通りです。(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ライブドア株2

 昨日に続いて、ライブドア株に対する検討。
 その前に、「株主は食い物にされる?MSCBってなに」をご参照。2002年4月の記事なんですね。本当に自分の不勉強を恥じ入るのみです。

 結論から言えば、この会社の株式からは撤退ですね。唯一の勝ちパターンは、フジサンケイグループが泣きを入れて、ライブドア社から相当の高値(例えば7000円以上)でこれを買い受けるということですが可能性は低いと思われます。うまく売り抜けた場合、このMSCBは期限前償還条項が付いていて資金を返済することになるのですが、その場合には最高で7%も余分に返還する、(つまり800億円の7%、56億円余分に返済する)ことになります。仮に、6000円で仕入れた株を、7000円で全額買ってもらってもほとんどプラスにはならない勘定です。(儲かるのはLB証券だけ・・・)

 フジサンケイグループとの交渉が長引けば、その間も空売りは続くでしょうから株価は下がる一方で、MSCBの転換により株式の希薄化が進み、さらに売りが進むという負のスパイラルになりそうです。

 私が、フジサンケイグループの参謀であれば、自滅を待って時間稼ぎを指南します。逆に、ライブドア社の参謀であれば、そもそもこの買収はやめるように言うと思います。手持ち資金で買収が出来れば、長期戦でも十分勝算がありそうですが、高利貸しの資金では、長期戦になれば自滅するのが落ちです。

 しかし、これ失敗して株価100円とかになったら、株主代表訴訟にもなりかねませんね。私は残念ながら6ヶ月以上保有していないので、当事者適格はありませんが。

 10億円かそこいらの球団を買って、年間数億円の赤字、という買収とは桁が2桁違います。堀江社長は、いつも「失敗してもゼロでマイナスは無いのだから、やらなければ損だ。」とおっしゃっていますが、万が一会社がおかしくなったら、ゼロではなくマイナスに入ると思いますけど・・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 20, 2005

ライブドア株

 とりあえず春休みになったこともあって、少々株式の売買などをやっています。1月は結構儲かったのですが、2月にちょっと怪我をして、儲けを飛ばしてしまいました(と言っても元本が小さいので大した事無いですが)
 最近の、ライブドア社のニッポン放送株式の争奪戦で、これは面白いかなと思い同社の株をちょっと買って見たのですが、(予定通り?)急落しています。

 最近法律の勉強ばかりで、金融の新しい知識がお留守気味だったのですが、今回の買い付けの資金調達手段にライブドア社が使ったのが、MSCB(Moving Strike Convertible Bond)という手法。(日本語では「(円貨建)転換社債型新株予約権付社債」と言う名前ですがこれは蛇足です。)

 株を買ってから気付いて、この仕組みを自分なりに調べてみました。これって一歩間違うと破滅へ一直線の調達方法と言えるかも。ヘラクレス上場株で、これを発行した会社が、株価一円まで下がってゾンビのように生きていたり、まあ、端的に言って、既存株主の株式希薄化を代償に、お金を調達するようなスキームです。

 時価総額2000億円程度の会社が、800億円分時価発行するようなものですから、マーケットには相当の影響がありそうです。ちょっと長いのですが、参考にさせていただいたHP、MSCBに関する一考察に非常に詳しくその仕組みを解説されています。
 また、isologue-by 磯崎哲也事務所にも、違う視点からいろいろ指摘されています。(このBLOGは、金融に関するトップクラスの内容だと思います。磯崎先生は昔の会社の先輩でおなじMLに入っています)

 堀江社長のM&Aの目の付け所は結構好きで、ネタが出れば吹き上がるかもと思い、安くなっては買い、上がれば売りを今まで何度か繰り返してきたのですが、今回は本当に社運(個人の全財産)を賭けているとも言えます。週末もう少し考えて、株を処分するかホールドするか決めたいと思います。
 しかし、後で気がつく何とやらではないですが、買う前に調べろよ!と自分に反省です(苦笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 18, 2005

明日は

 明日はクラスで「フットサル」の試合をやるらしいのですが、娘の小学校の行事(発表会)で行けません。小学校の時、サッカー少年だったこともあり、サッカーは大好きです。8月の夏休みの合宿で参加させて頂いたときも、体はぼろぼろに疲れましたが、非常に楽しかったことが思い出されます。次回は是非行きたいと思いますので、また声を掛けて下さいお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨドバシカメラにて

 今日木曜日は定期的なお仕事の日で、大学院経由で出かけます。帰りに、新宿西口のヨドバシカメラに行って、PCまわりの本やソフトを見てきました。
 今考えているのは、FP社労士関係のBLOGを作ること。これは、4月を目標にしています。それから、ごちゃごちゃになっている、本や年賀状や名刺を、PCのデータとして整理整頓すること。(これはスキャナーつきのプリンターの購入が条件です)
 見ていたら結構欲しくなるものがたくさんあって困りました。パワポ2003や、HPビルダーV9とか、名刺スキャナー付き管理ソフトとか、2月に引き受けている仕事のお給料が出たら考えようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

寒い一日でした

 今日は朝から雪がちらつく天気、そこで前からずっと気になっていたスーパー銭湯「おふろの王様」へ、奥さん孝行も兼ねて二人で行って来ました。銭湯自体は、600円程度で利用でき、昼ごはんも600円程度でかなり美味しくて、非常にリーズナブルです。平日の昼間だけあって、お客さんはリタイア組が5割を超えていました。我が家は、あかすりとマッサージをオプションで付けたので、ちょっと予算オーバーになりました。次回は、銭湯と昼ごはんだけで行って見ようと思っています。
 雪の中の外風呂はなかなか快適でした。サウナも良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

バレンタインデーでした?

 今日(もう日が変わったので昨日)はバレンタインデーでしたが、朝から締め切りのレポートを提出するために大学院へ向かい、その足で裁判所行って、ちょいとお仕事をして、最後に久しぶりにスロットをしに行って今日は終わりです(汗)
 パチンコ屋さんで、何故か「新海物語」(知ってる人はパチンカーでしょう)のチョコを貰いました・・・・・ この年になって、会社にも行ってなければ、義理チョコは奥さんから頂くのみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

一般公募の裁判員募集?

 落合先生のところのBLOGで紹介されていた、「あなたが裁く!2 ~裁判員制度は機能するか~徹底検証」京都TVに、申し込んでみました。
 うまく行けば、京都に遊びに行きつつTVにも出られるなんて、取らぬ狸の皮算用です(笑)何とか口実を作って、京都に行きたいものです。もう、こちらに戻ってきてから8ヶ月が経過しました。京都のお友達には不義理をしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

休息の一日

 14日提出のレポートと、引き受けていたFP関係の問題作成の仕事が一応終了し、今日は試験後やっとゆっくり出来る一日でした。
 昼夜逆転は相変わらずで、昨日は朝5時までかけて問題作成を完了させ、昼過ぎまで寝てしまったので、また夜更かしになると言う状態です。明日は、レポートの提出に学校に行き、その後裁判所に行く用事もあるので少し早起きになります。月末までには体調と生活リズムを整えたいと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 13, 2005

昼夜逆転継続中

 試験のために夜更かし勉強していた影響が未だに残っていて、試験終了したにもかかわらずここ数日朝の5時まで眠れないでいます。
 今日も14日までに仕上げる約束の仕事を、朝5時までかけて終了させ、今しがたメールで送りました。レポートも仕事も終わり、一段落なので、生活のペースを通常に早く戻したいと思っています。体が疲れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

レポートも完成

 今2月12日午前4時です。やっと、最後の課題である「社会保障法政策論」のレポートを完成させました。後は忘れずに2月14日に提出すれば、私のLAWSCHOOL1年の全部の課題が終了することになります。
 実は、別に14日締め切りのお仕事を引き受けていて、そちらがそろそろ危なくなってきたので、明日は頭を切り替えて、そちらの仕事に全力投球です。貧乏暇なしと言う言葉がぴったりです(苦笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2005

やっと試験終わって

 やっと試験が終わり(実はまだレポートが手付かずで残っているのですが)、今日から、通常モードに戻ります。
とりあえず、いろいろ出来なかった仕事を片付けて、今日はFP仲間の勉強会に顔を出してきました。
 今は、学生ですが一応自営業者でもあり(笑)何か商売ネタでも無いかなと思っていたのですが、少し収穫がありました。個人商店は、飲み代も全額損金に算入できるので、有効活用して家計の足しを稼ぎたいと思っています。
 明日は1日レポート作成に勤しもうと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2005

試験とりあえず終了です

 今日は、憲法「人権論」の試験で、これで後期の試験も(追試が無ければ)終了になります。後は14日期限のレポートを書き上げて、28日の成績発表を待つのみです。
 今日は試験の後、クラスの打ち上げがありました。必修科目の先生6人のうち5人に参加して頂き、非常に盛り上がった会になりました。最後に私が、クラス最年長と言うことで、御話させていただく時間を貰ったりして、恐縮してしまいました。この仲の良いクラスが編成替えになることに若干さびしさを感じてしまいましたが、また4月以降新しい出会いがあって、楽しい学生生活2年目に突入することになると信じています。
 クラスの皆様、1年間劣等性の私とお付き合い頂きありがとうございました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 08, 2005

試験4日目 あと一日

 今日は、商法(会社法)の試験が午後13時30分より。事前に広く薄く本を読んで行ったのですが、実際に出たのは取締役の利益相反行為と会社に対する責任の部分のみ。あまり、うまくは書けなかった(いつものことですが)のですが、まあ条文を素直に解釈するだけで何とかなりそうな事例問題で助かりました。
 明日の憲法(人権論)の試験で、試験は終了、レポートを1件残すのみになります。後一踏ん張り頑張りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

試験も山場

 今日は、民事訴訟法と民法不法行為論のダブル試験。昨日結構遅くまで準備したものの、予想していなかったところが出題されて、あまり書けなかった(汗)
 とりあえず終わったことは仕方が無いので、明日の商法(会社法)に向けて全力投球です。最近自分がアホではないかと自己嫌悪に陥る日々(ちょっと大げさですが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

試験中ですが

 土曜日は試験終了後、国立へ飲みに行きました。今日の集団は、大学の寮時代の後輩たちです。
メンバーの主催は、私が尊敬する後輩鶴巻弁護士で、聞くと奥様が今修習所に行っているとの事。いつの間にー
 ということで、いろいろ弁護士業の苦労話を聞いて、大変参考になりました。今度事務所をお邪魔する約束も取り付けて、試験中とはいえ無理して言った収穫はたくさんありました。
 埼玉で事業を起こした後輩のオフィス見学の約束も取り付けました。気が早いですが、今のうちから出来ることは何でもしておこうと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

試験2日目はいまいち

 今日は、民法(担保物権)の試験でした。午後13時30分からの試験スタートはゆっくり学校に行けて快適です。
試験自体は、あまりケアしていなかった、相殺についての問題でした。書くには書いたと言う程度で、とても満足の行く答案にはなっていませんが、まあ単位は貰えるかなと言ったところです。民法は、前期後期通じて、苦手化している科目なので、来年度は基礎からもう一度やり直す必要があると痛感しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

試験初日は無事終了

 今日は試験の初日でした。午前9時より選択科目の「法律家のための会計学」の試験。これは予定通りノーガードで受験しましたが、まあまあ書けたので期待しています(笑)
 午後13時30分から刑事訴訟法の試験。これは、自分なりには結構勉強していたつもりだったのですが、理解できていないところも多く冷や冷やものでしたが、無難な問題であったことと、2問目が自分のやっていたパラダイム(Wセミナー)の問題とよく似た問題が出たお陰で、よく書けたような気がします。(それでも論点落ちありますが・・・)。
 凄い寝不足です。明日は13時30分から担保物権法。頭が痛いので今日は早めに休んで、明日早起きして、見直すことにしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

試験始まります

 明日(もう今日ですが)2月4日から試験が始まります。初っ端は刑事訴訟法です。眠いけど、もう一頑張りして寝ます。
 そういえば、会計学が1限目試験でしたが、こちらはノーガードでも何とかなりそうなので、省略です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2005

本を頂く

 先日の、年金博士こと北村庄吾先生の勉強会の後の懇親会で、今度2/14に出る「年金の天国と地獄」廣済堂出版、を頂ける事になっていたのですが、今日その本が届きました。
 試験前なので、ぱらぱらとめくっただけですが、なかなか良くできていて勉強になります。恐縮にもサインまでして頂いたので、お宝本になりそうです(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Windows XPで美しい文字

 いろいろな機能があるのに使いこなせていないPCですが、こんなBLOGを見つけて早速実践してみたところ、快適です。1年間で2000ドルも効率が上がるとすると、毎年PC1台分違うと言うことになりますね。

 Windows XPで美しい文字を手に入れろ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

1月終了

 今日で1月も終了、授業も終了。2月4日から試験が始まります。勉強の進捗は可も無し不可も無しといった感じです。民法の物権と会社法が、仕事でやっていたこととと被るので少し有利化と思いますが、相変わらず不法行為は理解不能な部分もあります。

 話は変わりますが、このBLOGを「弁護士への道」BLOGや、落合弁護士のBLOGや、町村教授のBLOGにトラックバックして頂いたお陰でアクセスが急増しています。トラックバックしていただいたBLOGのような深い内容はありませんが、少しでも内容を充実させたいと思っております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »