« 行政書士試験合格発表 | Main | 飲み会多し »

January 14, 2005

青色LED訴訟について思うこと

 1月12日、青色LED訴訟についての和解が成立しました。約6億800万円の対価と、その遅延損害金約2億3000万円で、計約8億4000万円を会社側が発明者の中村氏に支払うことで和解したようです。
 詳しくは、「石臼挽き茶葉の苦み」さんの、BLOGを参照していただきたいと思います。私もまったく同感で、企業人として働いたことのある人であれば、高裁の判断のほうが余程納得できるものであると思います。
 今回の事件で気になったのは、600億円の認定をした東京地裁の裁判官の感覚です。大分前になりますが、大和銀行の経営責任の時に、やはり1審で5000億円の損害賠償を個人に命じた判決がありましたが、センスを疑います。私のような法律素人が申し上げるのは心苦しいですが、このような裁判官は一回社会に出て仕事を何年かすべきではないかと思います。

|

« 行政書士試験合格発表 | Main | 飲み会多し »

「LAWSCHOOL」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/2566819

Listed below are links to weblogs that reference 青色LED訴訟について思うこと:

« 行政書士試験合格発表 | Main | 飲み会多し »