« November 2004 | Main | January 2005 »

December 31, 2004

今年も今日で終了

 今年も今日で終了。外は大雪です。車で外出して帰ってきたら家の前が雪だらけで、車庫入れのときにタイヤが滑って段差を登ることが出来ずに往生しました。
 今から、奥さんの実家に行って正月を迎えることになっています。
 今年は、会社を退職しロースクールへ進学するという、人生の転換のときでした。まだ道のりは遠いですが、来年も頑張って良い年にしたいと思っています。半年間、ご愛読ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 30, 2004

初雪 初仕事

 今日は、東京は初雪、朝起きて寒いと思ったら、かなりの量の雪が降っていた。
 学生の身分ではありますが、私は社労士とFPを名乗り、一応開業登録もしています。今日は、FP協会から紹介を受けたという主婦の方から、資産運用その他についての相談をしたいと言うご依頼を受け、ご自宅まで行ってきました。雪の中出かけたのですが、かなり話は弾み、3時間以上いろいろなお話をして帰ってきました。ペイとしては、全然低いのですが、良い経験をしたと思っています。今後も継続的に相談に乗ることになりそうです。
 FP協会のHPへの登録は、「どうせ何も来ないだろう」と思いつつも駄目元で登録していたので、依頼が来たことがとっても(良い意味での)サプライズでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 28, 2004

カラ残業、大阪全24区役所で

カラ残業、大阪全24区役所で…超勤手当1億3千万円(読売新聞)
 大阪市の区役所職員のカラ残業問題で、帳簿上の残業時間と退庁時間が食い違っていたり、休んだはずの日に残業がついていたりで「不正」とみられるケースが、全24区にあることが27日、市の会計監理検討委員会の調べでわかった。調査した6万4000件の残業のうち3割の約2万件にカラ残業の疑いがあり、市がそれに支給した超過勤務手当は計約1億3000万円にのぼる。
 市は実際に残業したことが裏付けできないケースについては手当の返還を求め、関係職員を処分するとしている。
 委員会は今年4―10月の全区の超過勤務命令簿や出勤簿、退庁簿などを調査。その結果▽残業時間と退庁時間の不整合=22区、1万1550件▽休日に残業を記載=20区、220件▽本来は手書きの超勤命令簿をパソコンで一括処理ほか=10区、990件――などが見つかった。
--------------------------------------------
 前務めていた銀行では、月100時間以上のサービス残業(残業してもタダ働き)が当然になっていましたが、残業していないのに残業代を申請するという感覚は民間では考えられず、役所ならではと言われてもしょうがないですね・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2004

PCが壊れているようで・・・

 ネット接続が出来なくなって、昨日重い思いをして学校に行き繋げてみましたが、やはり繋がらない。どうやらハードが壊れているようです。
 学校におきっぱなしのPCを持ち帰り(持って行ったPCも含めて2台!)家で繋いで見ると、あっさりと開通。どうも古い方のPCのジャックが壊れているようです。修理に出すと、正月跨ぎでかなり時間がかかるんでしょうね。本当に困ったことです。とりあえず、NEWPCでネットに繋げたのはほっとしておりますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2004

ネット接続が出来なくなりました

 23日の午後から急に自宅のPCからネットに接続が出来なくなりました。YAHOOBBに電話して、MICROSOFTに電話して、さらに東芝にも電話して、3日間でのべ8時間以上を費やして、直りません。最悪です。
 この冬休みは学校に来る予定は無かったのですが、今日はネットを確認するために登校です。最後の手段で初期化するという方法があるようなのですが、それをやると、学校のホストにアクセスできる権限も消えてしまうので、冬休みに学校のHPにアクセスできなくなってしまいます。ちょうど冬休み始まりのタイミングでこうなるとは、本当に最悪です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2004

今年の授業終了です

 今日で今年の授業は終了です。学校は明日までなのですが、我がクラスは水曜日に授業が無いので今日終了になります。
 9月27日から約3ヶ月、遅刻はありましたが、全コマ出席する事が出来ました。(身になっているかどうかは別として)来年は、社労士の講習会が会って、2コマどうしても穴を開ける事になりそうですが、それ以外は全部出席したいと思っております。
 ローが始まって早9ヶ月ですが、最初は満席だった授業もぽつぽつと空席が目立つようになっています。3年の長丁場なので、だれる事もあると思いますが、頑張って全員合格できるように、授業には出て欲しいと思います。
 明日は、今年最後の忘年会、FP仲間の集まりに参加する予定です。しばしお休みをしたいと思っていますが、冬休みも積み残した本を読まなければいけません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2004

年甲斐も無く

 昨日の夜は、年甲斐も無く「徹夜麻雀」をしてしまった。メンツは、大学時代の悪友で、何故か全員銀行に勤務している。赤坂に19時集合で、ちょっと高めの飲み屋で歓談し、それから雀荘へ。午前1時頃、帰ろうとしてタクシーを捜したのですが、忘年会シーズンなのか、タクシー待ちの人たちで溢れていて、つかまえる事が出来ず、しょうがなしにもう一軒別の雀荘に入り夜が明けるのを待ちました。5時に切り上げ、新宿までタクシーで移動し、西武新宿線の始発で帰宅。
 始発の西武新宿線は、予想外に混んでいて、全席人が座っていて若干立っている人もいました。タクシーが捕まらないなんて、バブル期にもう終わったと思っていましたが、こんなところにも景気回復の一端が覗けるのかもしれません。
 それにしても、飲んで徹夜すると本当に疲れます。今日は昼過ぎまで休んで、夜中にレポートをやっと書き上げました。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

December 17, 2004

更新サボっていました(汗)

 年末を迎え何かと忙しい日々を送っていて、更新が遅れてしまいました。火曜日は、会社を辞める直前に、特命で一緒に仕事をしていた相棒が、やはり会社を辞めるそうで、吉祥寺で壮行会。水曜日は、早稲田セミナーの、社会保険労務士講座の看板講師と、御茶ノ水で懇親会。今日は、さすがに疲れていたので、勉強もそこそこに家に早帰りです。
 明日は、大学時代の悪友と、赤坂で忘年会をやる予定になっています。あと授業は3日間、何とか後期は皆勤で終わらせたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2004

税理士試験の発表が

 去る12月10日、税理士試験の合格発表がありました。ロースクールの人たちは勿論受けたりはしないのですが、CFP仲間の数人が受験していたので、ちょっと気になっていました。
 こちらから聞くのもどうかと思っていたのですが、2人から合格と言う吉報を頂きました。CFPの試験より、税理士試験のほうが難しいのは言うまでもありませんが、みなさん何と言うか、試験の勘所を掴むのがうまい人が多いので、旗から見ると簡単に合格したように見えます。社会保険労務士も、CFP経由で取得する人は、結構簡単に(そうでもないのかもしれませんが)合格して行きます。試験に、ある程度の技術があるというのは、紛れもない事実だと思います。
 司法試験だけは、そのような技術だけでは対応できない厳しい試験です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 12, 2004

似たような話しが

 「あいつ怪しい」トップに職質
 元警察国家公安委員長を務めた白川勝彦元衆院議員(59)が、東京・渋谷の路上で警視庁渋谷署員に職務質問を受けていたことが6日、分かった。白川氏の顔を知らない若手警察官4人から突然、体を触られ所持品を見せるよう求められた。拒否したところ、数十分にわたって囲まれ、押し問答の末、同署に移動、幹部がやっと白川氏であることに気付いたという。白川氏は「自由主義社会でこんな違法かつ無礼なやり方は許されない。このままでは警察国家になる」と抗議している。
------------------------------------------
 私が会社員の頃出向していたR社の社長は、もと国税庁長官でした。R社は、株式会社の形態を取っていましたが、国民の税金で運営されている会社で、脱税とは全く縁の無い法人でした。しかし、何を血迷ったか税務署の職員が税務調査にやって来て、いろいろ印紙がどうだとか、経理がおかしいだとか難癖を付け始め、税金を追納するようにと言い出しました。我々では埒が明かないということだったので、「社長に直接言ってください。社長が納得されるような説明をして頂ければ、喜んで納税させて頂きます。」ということで、社長の部屋にご案内。その後はよく分かりませんが、殆ど土下座して謝っていたそうです(勿論税務署の若者が・・・)
 名誉のために申し上げておきますと、社長は、本当に温厚で絶対意地悪などをしない方です。しかし、今回の失態が国税庁内でも話題になったらしく、その税務署の上の人たちもつらい思いをされたようです。
 上の話は、白川先生も、怪しい格好をしていたと言う点で警察署員もかわいそうな面もありますが、このときの税務職員は凄く威張っていて、はっきり言って溜飲が下がりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

刑事訴訟法

 たまには勉強ネタも(笑)

 刑事訴訟法の先生は、右側の基本書の著者でもある田口守一教授です。著者から直接教えを受けるのは本当にありがたい事です。
 刑事訴訟法は「真実の発見」と「個人の人権保障」の2つのバランスがいつも問題になり、そこが一番重要な判断の基準になるところです。そして、実務(いわゆる検察や警察)では、どうしても「真実の発見」に軸足があり、逆に研究者の説では、どちらかと言えば「個人の人権保障」に軸足があるようです。
 例えば、注射の跡が腕に沢山あるような、覚せい剤自己使用の疑いの強い被疑者の靴下が膨らんでいて、いかにもクスリを隠していそうな場合でも、「個人の人権保障」の立場からは、それを強引に取ってはいけない、と言うような結論になります。最初、教科書を読んでいたときは、これを厳格に守っていたら、犯人なんて絶対つかまえられないと思ったりしていましたが、教授のお話を聞くと、本では原則が書いてあるけれど勿論実務の事も十分配慮されているバランスの取れた先生だったので、お話を納得して聞くことが出来ました。
 判例は、かなり違法な捜査でも、違法収集証拠の証拠能力を否定しません(救済判決とか言われる)。それが行き過ぎると、過去の過ちを繰り返すことにもなりかねないので、学者が一定の歯止めをするような説を協力に主張する事は、実は重要な事では無いかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2004

宝くじ

 年末ジャンボ宝くじのシーズンです。我が家でも小額30枚程購入しました。大きな金額が当たり、住宅ローン返済と学費の心配の無い生活を夢見ています(笑)

 最近、ネット上で宝くじを共同購入するサイトがあるようです。
 http://www.otakarakuji.com/joint/index.html
 会社や学校でもこのような共同購入をしているのを見たことがありますが、ネットで大々的に募集するのは変な感じがします。この共同購入サイトには、
 1.ひとりで買うより当選確率が上がる。
 2.購入された宝くじが高額当選していた場合、購入口数に応じて分配されるため、小額での参加でも大きな当選金分配が期待できる。といったメリットがあります。
 と書いてあるのですが、1はそうかもしれませんが2は間違っています。そもそも、宝くじの期待値は48%前後なので、極論すれば、このサイトが巨額の資金を集めることが出来て1ユニット全部を購入することになったとしたら、払込金の48%が全員に配られる、損失確定の投資(?)になるということが出来ます。
 そもそも宝くじは、期待値が低いのを前提で、巨額の配当金の当選を夢見るシステムなので、共同購入も多くても10人くらいまでだと思うのですが。皆さんだったら、こんな共同購入に参加されますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2004

年賀状などを

 今日は、うちの奥さんのお母さんが我が家にやってきた。毎年引き受けしている、年賀状の作成の打ち合わせである。既に買ってある年賀状の素材を組み合わせて年賀状を作り、前年のリストを修正して表の宛名書きまでしてあげる事になっている。今回はプリンターも比較的新しいし、インクも買い込んであるので準備は万端である。なるべく早く仕上げて自分の分にも取り掛からなくてはいけない。
 今年は、退職・進学・社労士の開業登録と盛りだくさんなので、近況報告もかねてきちんとした年賀状を作成するつもりである。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 04, 2004

吉野家にて

 「夜明け間際の吉野家では、化粧のはげかけたシティガールと、ベイビーフェイスの狼達、ひじを付いて眠るー・・・・・」(中島みゆきの「狼になりたい」より)
 個人的には、「吉野家」より「松屋」のほうが好きなのですが、昨日「松屋」に入ろうとすると、なんと「ご飯が切れました・・・」という店員の情けない返事。仕方なく、数軒となりにある「吉野家」で遅い夕飯を食べる事に。
 ビールを飲みながら、豚皿などを食していると、隣にアーバンジプシー(路上生活者とも言う)のおじさんが、テイクアウトの白ご飯のみを注文。そして出てきたご飯を持って帰るのかと思いきや、ふたを開けて紅しょうがを狂ったようにご飯に載せて、さらにお醤油をかけてふたを閉めて去っていった。
 頑張って生きているおじさんに複雑な心境になりました。生きていく事は大変です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2004

ドラゴンクエストⅧ

 もう一週間前ですが、ドラゴンクエストⅧが発売になったようで、3日で300万本売れたとか。私は、大学時代からこのシリーズの大ファンで、ⅠからⅦ迄全部複数回クリアーしたことがあります。今回も、PSⅡと一緒に買おうかと思ったのですが、流石に500時間以上無駄になりそうなので、封印しました。ローの若い人たちに聞いても、あまり購入したという人は居ない様子です。これだけタイトな合格率を言われているのに、ゲームで時間が足りませんでしたという訳にも行かないですよね。
 弁護士になった暁には、とも思ったのですが、その後もたぶん忙しいでしょうから、一生この手のRPGをじっくりやるような時間は来ないかもしれません。おじいちゃんになってから、ネットで株の売買をやりつつ、ゲームでもなどという隠居生活を夢見ております。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »