« 法律家のための会計学 | Main | 楽天新球団 »

November 01, 2004

新札発行

 今日から11月、新しい日銀券の発行日です。残念ながらまだ、本物を見ていませんが、テレビのニュースで何度か取り上げられていました。
 今年の6月まで銀行員をしていたのですが、日銀で月に1回責任者の集まりのようなものがあって、その席で一度試作品を見せていただいたことがあります。(今年の3月頃だったと思います)なかなか、印刷がきれいで、世界一とも言われる日本の印刷技術の結晶と言った感じでした。
 今回の、日銀券の交換については、「預金封鎖」とかいう本で、通貨切り下げの陰謀である、的な書き方がなされ、事実当初発行予定の7月を11月に延期したことでさまざまな憶測が流れました。実際は、5千円札の印刷機械がうまく回らなくて準備が遅れていただけなのですが・・・・・
 終戦後まもなくに、お札を新札に買える際に8割(だったと思います)しか新札にならなくて、残りを国が没収するような新札発行があったそうで、我々戦後世代にはあまり実感が無いのですが、戦前お金持ちだった方たちは、国債の紙くず化と相俟って暗い記憶となっているようです。しかし、その暗い記憶をつつくべく発刊された前述「預金封鎖」という本は、かなり売れたようで、銀行のお客さんが真剣にどうやってお金を逃がせばよいか聞いてくるのは、新鮮な驚きでした(それがあって、戦後の通貨切り下げのことを学んだのですが・・・・)。
 先進国でさすがに、お金を没収するようなことは、デフォルトとみなされるので出来ないと断言できると思うのですが、昔の経験論を出されるとこちらも説明に苦慮した記憶があります。
 新札で、ふと銀行員時代を思い出してしまいました。

|

« 法律家のための会計学 | Main | 楽天新球団 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちわ。かんです。
今回の新札発行では、戦後のような強制徴収はありませんでしたね。さすがに立法もありませんし、当たり前といえば当たり前ですが。私が施政者なら、普通に増税するでしょうね。
ロースクールに行かれているんですね。今後のご活躍を期待しています。私事ながら来年行政書士受けようと思います。

Posted by: かん | November 02, 2004 at 01:26 AM

こんにちは。
新紙幣の対応で現場は20年ぶりの忙しさです(笑)
2千円札も忘れないでという感じですが・・・・。

機械のメンテナンスで業者は嬉しい悲鳴か、技術員はてんてこまいだと言ってます。
いろいろな分野で景気回復の起爆剤になればいいですね。

ちなみに初日の5千円の配布が少ないのが、なんとなく分かりました(笑)

Posted by: ウマックイック | November 03, 2004 at 02:54 PM

私は、新札対応のATMの工事立会いなど、くだらない残業を何度か経験し、この新札発行にはあまりよい思いはありません。
ちなみに、今回の新札についての見本は私も見ました。
ただ、麻痺をしているせいか新札発行→今日消化(日銀圧力)→仕事増と過去には銀行員時代の悪い思い出ばかりです。

Posted by: KABA | November 08, 2004 at 10:40 PM

KABAさま
都市銀行は特に現金関係は面倒くさいですよね。
私は入社して10年以上現金触った事も無かったので、結構そういう面ではお得でした(笑)

Posted by: owner | November 11, 2004 at 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34225/1830628

Listed below are links to weblogs that reference 新札発行:

» 新札発行 [国家破綻研究ページ]
今日から新札が出回りますね。 あんな「豪華な紙切れ」が、なぜ通貨としてありがたがられるか、ご存知ですか? 模様が違うだけなのに、なぜ福沢諭吉1枚が野口英世1... [Read More]

Tracked on November 02, 2004 at 01:37 AM

« 法律家のための会計学 | Main | 楽天新球団 »