« October 2004 | Main | December 2004 »

November 30, 2004

11月30日

 今日11月30日は、秋篠宮の誕生日だそうですが、実は私の故実父の誕生日でもあります。私個人的には、父親のことをあまり好きではなかったので、訃報を聞いたときも不思議とあまり悲しい気持ちにはならなかったのですが、名古屋から慌てて始発の新幹線で佐賀に向かった記憶があります。
 もう、他界したのも随分前のことで、記憶からも無くなりつつある父親の存在ですが、この日(誕生日)にはなんとなく、記憶をたどったりしている自分があります。
 先日佐賀の母親に電話をしたら、来年のお盆は13回忌なので帰ってくるようにと言われました。もうそんなに経っていたのかとしみじみ思いました。来年の夏は久しぶりに佐賀に帰ってみようと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 29, 2004

新司法試験の問題解説

 昨日の日曜日、辰巳法律研究所の、新司法試験問題解説講座(無料)に行ってきました。実は司法試験の予備校で話を聞くのは今回が初めてで、結構楽しみでした。
 案内状が、前日の土曜日に着いたということもあって、予想外に人は少なめ、50人くらいだったでしょうか。恐らく、既習コースの人が中心だったと思われます。内容は、択一試験の一部分の解説と、民事系の大問題(1問4時間)の解説でした。択一は比較的簡単で、勉強して無くても8割くらい取れそうな問題でした。適正試験のスコアの高い人には結構楽かなと思いました。民事系の論文問題は、今までの司法試験の論文とは明らかに趣が変わっていて、司法修習で習う要件事実の読み取りと整理が中心になるようです。今の実力ではまったく歯が立たないことがわかっただけでも大きな収穫でした(笑)
 まだ先のような気がしていましたが、少しは試験を視野に入れた勉強も必要だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2004

丁度半年経ちました

 このBLOGを開設して、今日で丁度半年経ちました。切りのいい日に、2万HITと行きたい所ですが、あと数日で達成できそうです。皆さんありがとうございます。
 そもそも、最初は、会社に行きながら(内緒で)ローにも通っていたので、BLOGをオープンにはしていませんでした。カウンターも最初はつけていなくて、他のBLOGに付いているのを見て見よう見まねで付けた記憶があります。私は、WEB関係は全く疎いので(HPを持っているので良く詳しいと勘違いされますが)本当に、色々苦労していますが、これも頭の体操だと思っています。
 これからも、ローネタは少ない(半分以下)日記帳みたいになると思いますが、宜しくお願いします。m(__)m

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 25, 2004

ハローワークでセクハラ

「ホテルに職探しに行こう」ハローワークでセクハラ(写真提供 産経新聞社)
 ハローワークなど厚生労働省の出先機関で男性職員が相次いで相談に訪れた女性をナンパし、処分を受けていたことが25日までに分かった。中には「ホテルに求職活動にいこう」などアダルトビデオ顔負けのストーリーを展開した職員もいたから驚きだ。
 25日付朝日新聞によると、処分は平成13年から3年間で交通違反や事故も含め、40都道府県の労働局で計99件あった。悪質なのは相談者へのナンパ。京都労働局管内のハローワークでは14年に窓口担当の職員が、求職中の女性と会社訪問した帰りに「一緒にホテルに行こう」と誘った。
 女性が抗議し、事態が発覚。そこでこの職員は「ホテルに求職活動にいこう、という趣旨だった」とアホな釈明をしたが、停職1年の懲戒処分となった。同局管内の別のハローワークでも昨年、窓口担当職員が求職女性の電話番号を職権乱用してゲット。「カラオケに行こう」とナンパコールを計3人にかけていたとして訓告処分となった。
 東京労働局管内では13年、労働基準監督署の係長が手続き中の女性を庁舎外の喫茶店に連れ出した。そして「今度デートしよう」と口説き、女性のほおを指で触った。その後も職場から女性の携帯電話にラブコールをするなど、リストラ必至のセクハラ行為が相次いでいた。
------------------------------------------------------
 厚生労働省や社会保険庁の仕事は、いわゆる「市場テスト」のターゲットになっていて、民営化の最先鋒に上げられているというのに、お気楽なものです。こんなことばかりでは、公務員の終身雇用も、そろそろ終焉を向かえそうです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

FP仲間と

 昨日は久しぶりに、FP仲間の勉強会(Study-Group)に行ってきました。勉強会よりも旧交を温めるのが目的でしたが(笑)
 青山のウィミンズプラザという所で19時から2時間。その後は、青山の、まったくおしゃれではないお店で反省会をして帰ってきました。結構遅くなって、帰りは0時半を回っていました。年末にかけて、忘年会のお誘いも多くなってきて、学生としては悩ましいところです(行くのですけどね)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2004

火曜日が休みです

 1時間半の講義が5コマもある(うち1個は任意)火曜日が休みになると、前日の月曜日はグッとらくになります(笑)しかし、半年間の総講義数は初めから決まっているので、先送りに過ぎず、本当は早く全講義が終わって復習したいと思うのが本音です。会社勤めの頃は、祝日は結構好きでしたが、学校に高い金を払って行くようになると、もったいないというのが素直な感想です。

 ちょと余裕があったので、糸井重里の「オトナ語の謎」という本を読んでみました。

 基本的にはOK     ⇒ 駄目!
 担当者ベースではOK ⇒ 駄目!
 反意語
 原則駄目なんですが  ⇒ OK!
 最悪これで行こう    ⇒ よく出来ている!
 (注 載っていないのもあります)
 一服の清涼剤・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2004

朝帰り

 昨日は、社会保険労務士最短最速合格法で著名の、北村庄吾先生のオフ会に2次会から参加。すぐ帰るつもりだったのですが、何となくずるずるいたら銀座で午前2時を過ぎていた(汗)
 しょうがないので残っていた人たちとカラオケボックスで始発を待つ事になり、5時前の山手線で帰路に着きました。有楽町から乗って、寝てしまい起きたらまた有楽町という笑えない状態で、西武線も乗り過ごしましたが、田無行きの各駅停車だったので、被害は最小限にとどまりました。恐い奥さんに相当怒られて、一体何をやっているのか・・・体調を立て直して、また勉強に戻ります。でも楽しかった・・・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 20, 2004

ボジョレーヌーボー

 昨日はボジョレーヌーボーの解禁日で、周りでも結構飲んでいる方のお話を伺いました。それに影響されて、私も昨日の夜、1本買ってしまいました。解禁日に購入したのは生まれて初めてです。そして持ち帰り、奥さんとボトルを開けました。
 うちの奥さんは、あまりお酒が強くないので、2杯くらいでダウン。私も残り全部を1人で飲んだら、翌日の学校に差し支えると思い、少し残してしまいました。
 作って間もないワインなので、味に深みはありませんが、あっさりしていて飲み易かったです。今朝は、少し寝坊しましたが、学校にはいつも通り到着しました。クラスで、心なしか遅刻が多かったのはワインのせいなのでしょうか(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 18, 2004

6限目の授業

 授業が、教授の公務とかで休講になると、補講が取られるのですが、皆が空いている時間と言うことで6限目に入れられることが多いので困っています。6限目の講義は18時から19時半まで。わたしは授業のある日は全て1限(9時から10時半)の授業が入っていて、学校にいる時間が長くなりすぎて、最後は結構へろへろになってしまいます(年寄りなので)
 今日も、1・2限が終わって6限迄、本を読んだりしていたのですが、集中力が落ちて大変でした。火曜日は1~4限が連続授業で、6限に任意の授業に出ているので本当に大変です。頭より体力勝負!もあながち嘘ではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビニールの袋

 今日の新聞で見かけたのですが、大学の名前の入ったビニールの袋がかなり流行しているそうです。それも敢えて、自分の行っていない学校の袋を持つのが流行りだとか。さらに一歩進めて、男性が女子大の袋を持ったり、女子大生が総合大学の袋を持ったりするのは、彼氏(彼女)がいますよーという意味だとか。
 わたしもクラスメートのS氏にお茶大の袋をゲットして来て頂きましたが、まだ使用していません(笑)東京工業大学の袋もありますが、母校である某国立大学と、今通っているローの袋は、何だか恥ずかしくて購入出来ていません。まあ、買っても、使う事はないのですが・・・・・・

| | Comments (8) | TrackBack (0)

西武鉄道株式購入

 西武鉄道の、東証からの上場廃止が、12月17日に正式決定したようです。しかし、同社はめげずに、JASDAQに上場申請をするそうです。バックに野村證券が付いているそうなので、その成功確率は結構高いと思います。ということで最近売り浴びせられ5分の1程度まで下がった西武鉄道株が昨日から急反発しています。私も乗り遅れまいと今日朝1000株だけですが買ってみました。しかし、思案しているうちにどんどん株価は上昇し、目をつぶって成り行きで買ったのですが、その後ストップ高になって買い残しで引けた様子です。結構高いところで買ったので利益は殆ど出ていません。明日また上昇する事を期待しています(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 16, 2004

架空増資事件 続き

 「駿河屋」(和歌山市)をめぐる架空の第三者割当増資事件で、同社の副幹事証券会社「新光証券」が、第三者割当増資の引受先となった飯倉ホールディングスを「無借金経営の会社だ」などと紹介していたことが、15日分かった。飯倉HDは当時、資金繰りに苦しんでおり、大阪府警は一連の経緯についても調べを進めている。
 関係者によれば、新光証券の担当者は経営基盤の強化ののために資本業務提携を行うように助言。社長同士を引き合わせたとされる。(日経新聞より 以下略)
------------------------------------ 

 新光証券は、旧日本興業銀行系の「和光証券」と「新日本証券」が合併して出来た証券会社。現在はみずほGに属するが、何故か旧富士銀行・第一勧業銀行連合の、みずほインベスターズ証券へ合流していない、中堅の証券会社(だったと思います)。今回の話は、恐らく担当者がかなりフライングでやってしまったのだと思いますが、これも相当危ない話で、営業停止は堅いと思います。これを期に、みずほインベスターズ証券へ合流か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2004

あおぞら銀行・・

 あおぞら銀本店捜索へ=引受金、投資会社側に融資-第三者割当架空増資・大阪府警

 老舗の和菓子製造業「駿河屋」(和歌山市)をめぐる架空の第三者割当増資事件で、投資会社が駿河屋に払い込んだ引受金約11億4600万円は、あおぞら銀行本店(東京都千代田区)が融資していたことが15日、分かった。引受金は投資会社の資金繰りに還流されており、実体のない増資について大阪府警捜査2課は同日、同行が事前に承知していた可能性もあるとみて、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で同行本店を捜索する。
 一方、同日午前、同容疑で駿河屋本社を家宅捜索した。  (時事通信) - 11月15日11時1分
--------------------------------

 株主の虚偽記載や粉飾決算、さらには架空増資と、わが国の上場会社の、近時のディスクローズの悪さ(証券取引法違反)には目を見張るものがあります。お金が絡むところに金融機関ありですが、普通こういう怪しい取引はノンバンクが引き受けるもので、銀行本体は即断るものです。何を考えているのやら、慢性的に融資が伸びなくて苦しいという話は聞こえてきていて、「ちょっと臭い」案件でも食べると言う話でしたが、これは「ちょっと臭い」の域を完全に超えています。高いツケを払わされることになりそうです。迷走する旧日債銀・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

合格人数

 司法試験委員をされている教授が授業中の雑談でおっしゃっていた。「500人合格時代の合格者は、司法修習を終えた時点で全員完成品レベルの人だった。1000人になると一部未完成品も合格させる事になる。1500人になると「可能性」で合格させざるを得ない。3000人だと合格しても、残れない人も含まれるだろう。」(原文とは違います(記憶が薄れていますので))
 私が学生だったころ(今から約16年程前)は500人時代で、4年生の時に一応記念受験をして見ましたが、全く歯が立たない状態でした。合格した人も周りに沢山居ましたが、これだけの高い能力を持っている人が、これだけ人生の殆どを費やさないと合格しないのか、と思った記憶があります。そういう意味では3000人という合格人数はかなり多い気もしますが、何分社会人には、3年間の機会損失と厳しい勉強を経て、不合格だった場合何の保障も無い試験というのは、なかなか厳しい世界だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2004

小学校の学園祭

 今日は娘の小学校の学園祭に行く事になりました。最初に劇があるのですが、義母も見に来るという事で私は朝早くから席取りを命じられ、なんと午前7時過ぎから2時間待って一番前の席を3席押さえました(涙)
 私より早くから来ていた人が4人いましたが、今日は東京で初木枯らしが観測されるなど、大変寒く、寒風吹きすさぶ中、皆さん耐えていらっしゃいました。劇は15分程度で終了。その後は、私立校らしく、売店があって、なんと学校なのにビールが売ってありまして、同級生の仲良しお父さんたちと、ビールを飲みながら歓談して帰ってきました。しかし、体が冷えたのか体調はかなり悪くなってしまいました。気を付けなければ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2004

合格発表

 10日の司法試験に続いて、今日は社会保険労務士の合格発表がありました。
 司法試験は、過去最高の1483人(前年度比313人増)が合格しています。合格率は3.42%(同0.84ポイント増)で、平均年齢は28.95歳(同0.8歳増)でした。女性は364人(同89人増)で24.5%を占め、大学別では、東大と早稲田が226人で並び1位。早稲田は83年以来のトップとなったようです。
 そして、今日発表の社会保険労務士なのですが、こちらも過去最高の4850人(前年比80人増)が合格、合格率は9.4%(前年比0.2%アップ)女性は37.4%と言うことになっています。
 知り合いで、何度も受験されている方がいるのですが、「あと少しで届かない」の繰り返しになっているようです。自分もそうならないように、頑張らなくてはと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裁判外紛争手続(ADR)社労士にも代理権

 朝日の記事でこんなものを見つけました。私は、弁護士になれなくても「裁判外紛争解決手続き」ADR(Alternative Dispute Resolution)は引受けられることが判明しました(苦笑) しかし、市民の身近な法律家(笑)行政書士には認められないのは、かわいそうですね、能力が担保出来ないという理由だとは思いますが。しかし、能力担保と言う意味では、社会保険労務士でも実際ADRに携われる人は、ほんの一握りである事は間違いありません(もちろん私はその他大勢の方に属します)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 朝日新聞 2004.11.11
 もめ事が裁判に持ち込まれる前に、政府の認定した機関が仲裁や調停で解決を促す「裁判外紛争解決手続き」(ADR)の新設に合わせ、社会保険労務士や土地家屋調査士が、その仲裁や調停に代理人として参加できる見通しとなった。政府の司法制度改革推進本部が10日までに方針を固めた。
 同本部は、民間などの紛争処理機関に政府のお墨付きを与えるなど、ADRの制度化や利用促進を図る法案を今国会に提出している。これに合わせ、ADR機関で行う仲裁や調停に、代理人として参加できる資格をだれに付与するかを検討していた。
 この結果、訴訟代理権のある弁護士や、一部の訴訟で代理権が認められている司法書士弁理士に加え、訴訟代理権のなかった社会保険労務士土地家屋調査士にも、ADRでの代理権を認めることにした。社会保険労務士は労働紛争などについて、土地家屋調査士は土地の境界紛争について、それぞれ専門的な知識や経験を活用させる狙いだ。
 税理士不動産鑑定士行政書士にも代理権を与えるよう各業界団体が求めたが、「実績などを見極めて再度検討する」と見送られた。税理士については、当事者の代理人ではなくADR機関の相談者として手続きに参加できることになった。 (11/11 15:36)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 11, 2004

いいこともある

 最近この日記のトーンが弱気である事を知り合いの(特にローの)皆さんにご指摘いただいている。家族持ちの身としては、むやみに突っ込んで破産するわけにも行かないので、色々思い悩む事も多いのである(笑)
 しかし、悪い事ばかりでもなく、最近少し良い事があった。それはまだここに記すわけには行かないのだけれども、前向きになるようなよい事だったので、これをきっかけに、気合を入れなおして勉強に邁進しようと思っている。(何だか抽象的ですね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2004

定期を買ったら

 昨日で定期が切れたので、またせこく3ヶ月定期を継続購入しました。不思議なのは、同時にバスカード5850円が丁度なくなり、さらにパスネット5000円も丁度空になりました。私は、切符を買うのがめんどくさいので、パスネット・バスカード・スイカは必ず持ち歩くようにしているのですが、今日の出費は痛いです。それにしても不思議ですね(そうでもない?)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 07, 2004

ゼミ会行ってきました

 今日は、大学のゼミのOB会に行ってきました。私が、卒業して、もう16年ですが、ゼミ自体は先生が東京大学に移られてしまったので9期で終了しています。しかもその頃は先生がマイナーだったので(そうでも無いですが)1学年で10人以下の陣容です。
 今日集まったのも、我が同期が一番多くて4名、全部で十数名ですが、会食形式で楽しい時間を過ごすことが出来ました。名簿を見ると(欠席だったのですが)、私以外にも1人、金融機関を辞めてローに行っている人がいました。
 先生に、こんな厳しいシステムでは社会人で入ってくる人は居なくなるし、お金も時間もかかりすぎてリスクが大きすぎる旨を主張しておきました。「心配しなくても、勉強する人は合格するようなシステムにする」との発言を頂き少しだけですが、勉強する気が出てまいりました。しかし悩ましい状態が続きます。
 同期は、最大手証券会社の最年少支店長になっていたり、ベンチャーながら、大枚を稼いでいたり、これでいいのかと思う事も多い今日この頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2004

楽天新球団

 パリーグの新規参入球団が「楽天」に決まった。妥当な線だと思う。ライブドア社は途中から、引き気味で随分前から決着はついていたのだろう。
 楽天の三木谷社長は、面識は無いのだが、同じ大学の一年先輩で、興銀と長銀(私)ということでなんとなく親近感があり応援している(勿論三木谷社長の方が100倍優秀である事は論を待た無い)。球団経営は黒字化するのが難しいと思いますが、三木谷社長ならきっとできると信じています。
 最初のハードルは選手集め。一場君を狙うというのは、ナイスなアイディア。お互いメリットありです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2004

新札発行

 今日から11月、新しい日銀券の発行日です。残念ながらまだ、本物を見ていませんが、テレビのニュースで何度か取り上げられていました。
 今年の6月まで銀行員をしていたのですが、日銀で月に1回責任者の集まりのようなものがあって、その席で一度試作品を見せていただいたことがあります。(今年の3月頃だったと思います)なかなか、印刷がきれいで、世界一とも言われる日本の印刷技術の結晶と言った感じでした。
 今回の、日銀券の交換については、「預金封鎖」とかいう本で、通貨切り下げの陰謀である、的な書き方がなされ、事実当初発行予定の7月を11月に延期したことでさまざまな憶測が流れました。実際は、5千円札の印刷機械がうまく回らなくて準備が遅れていただけなのですが・・・・・
 終戦後まもなくに、お札を新札に買える際に8割(だったと思います)しか新札にならなくて、残りを国が没収するような新札発行があったそうで、我々戦後世代にはあまり実感が無いのですが、戦前お金持ちだった方たちは、国債の紙くず化と相俟って暗い記憶となっているようです。しかし、その暗い記憶をつつくべく発刊された前述「預金封鎖」という本は、かなり売れたようで、銀行のお客さんが真剣にどうやってお金を逃がせばよいか聞いてくるのは、新鮮な驚きでした(それがあって、戦後の通貨切り下げのことを学んだのですが・・・・)。
 先進国でさすがに、お金を没収するようなことは、デフォルトとみなされるので出来ないと断言できると思うのですが、昔の経験論を出されるとこちらも説明に苦慮した記憶があります。
 新札で、ふと銀行員時代を思い出してしまいました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« October 2004 | Main | December 2004 »