« September 2004 | Main | November 2004 »

October 31, 2004

法律家のための会計学

 上記科目では、毎日日経新聞を読み、数個のトピックスにコメントをつけて毎日ノートにつける事が義務付けられています。最初は楽勝かと思っていたのですが、これがかなりの負担です。今週は1週間サボっていたら、新聞が積みあがっていき、これはまずいと思い今日必死でノートを付けました。
 7日分で3時間近い時間が取られました。貯めないようにと思うのですが、すぐ溜まってしまいます。(笑)何人かが、この制度の緩和を教授に求めましたが却下されました。2月まで長いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2004

刑事訴訟法37条の2

 2004年5月21日に成立した公的弁護制度(刑事訴訟法37条の2)によれば、

 死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しくは禁錮に当たる事件について被疑者に対して勾留状が発せられている場合において、被疑者が貧困その他の事由により弁護人を選任することができないときは、裁判官は、その請求により、被疑者のため弁護人を付さなければならない。ただし、被疑者以外の者が選任した弁護人がある場合又は被疑者が釈放された場合は、この限りでない。
○2  前項の請求は、同項に規定する事件について勾留を請求された被疑者も、これをすることができる。
(ただし「公布の日(2004.5.28)から起算して5年を超えない範囲内において政令で定める日以降」は、上記下線部分は「長期3年を超える」と改正される)

 この制度によれば、平成17年より向こう4年間は、およそ6000件の公的弁護が新たに発生し、但し書きが効力を発生する5年目からは、およそ90000件の公的弁護が発生することになるらしい。

 弁護士量産を当て込んだ法律が一方で成立しているのに、実際沢山合格できるかまだ決まっていないのは非常に不思議である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2004

政治連盟加入

 昨日の社労士登録のときに笑えたのが、政治連盟に必死に入会をお願いする東京社労士会の役員さんのお話です。

 憲法で学修する「南九州税理士会政治献金事件」で、最高裁は、「税理士会は、法があらかじめ、税理士にその設立を義務付け、その結果設立された強制加入団体であって、その会員には、実質的には脱退の自由が保障されていない」、「その目的の範囲を判断するに当たっては、会員の思想・信条との関係で、会員に要請される協力義務にも、おのずから限界がある。」と理由付けし、「税理士会本体の政治献金が、会の「目的の範囲外」の行為であり、右寄付をするために会員から特別会費を徴収する旨の決議は無効であると解するべきである。」と結論付けています。

 社労士会も、この判決を前提に、政治連盟と言う別組織を作っていて、役員の方は、あくまでも任意と言う形で加入を呼びかけているのだけれども、入ってもらうようにものすごく必死でお願いしていました。(全員加入の決議をしたとか意味不明の発言あり)たぶん東京会が一番入会率が悪そうですし・・・・

 私は、とりあえず入会(金を払うこと)しておきました。摩擦を起こすのが嫌なので。長いものに巻かれるこの性格(苦笑)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

社会保険労務士を登録してきました

 今日、飯田橋の東京社会保険労務士会に行って、社労士の開業登録を済ませてきました。社労士がらみの仕事のネタが少しずつ出てきたので、思い切って登録したのですが、16万円くらいのコストがかかりました。これを取り返すのは大変そうです(笑)
 未修者が、ストレートで弁護士になれたとしても、5年近い無収入状態になります。私のような所帯持ちは、年間600万円近いお金が出て行くので、とても無収入では最後まで届きそうにも無いです。仕事と勉強と試験合格、非常に難しい問題ですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 25, 2004

行政書士試験

 そういえば今日は行政書士の試験の日でした。去年は、社労士仲間の人々がこぞって受験して、みんなが散って行ったのですが、今年は知り合いの受験生が激減しています。
 この試験、一昔前までは本当に簡単な試験だったのですが(H14年20%合格)、去年から異常な合格しにくい試験になっているようです(H15年2.89%合格)。今、ネットで色々検索してみたのですが、今年もかなり変な問題が出て、勉強した人があまり報われない結果になっているようです。資格取得は、どんな資格にせよ難しくなる一方です。甘くは無いですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 23, 2004

気力不足の金曜日

 金曜日は授業が一コマで、午後からは自由な時間。前述の庭園での気分転換後、自習室に入り勉強をしようとするも、何だか気乗りしない状況が続く。伊藤眞民事訴訟法を読んでいたが、もう限界とばかりに19時頃に、帰り支度を始める。そして、だめもとで、クラスの人にビールでもと誘ってみたら、相手も同じような状況だったようで、馬場で飲んで帰る事になった。途中からもう一人参加で、3人で23時近くまでいろんなお話をして、凄く楽しかった。
 ローに入って、帰りに突然飲みに行くなんて初めてかもしれない。時にはこんな日もあって良いと思う、明日からまた頑張ろうと言う気になったから。お付き合いいただいたお二方ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2004

昼の庭園で

 今日は、1限目が休講で、2限目の会社法の授業だけのために登校。会社法の授業は、眠くならなくて好きなのですが、試験に役に立つかと言うとかなり疑問符。まあ、どの科目もそうですが、試験と授業は切り離さないといけないようです。
 昼休みに、同級生のK氏と学食でご飯を食べて、その後コーヒーを持って、庭園で少しの時間横になる。暖かな日差しの下で、非常に気持ちがよかった。しかし「会社にいる人たちはみんな働いている時間なのに・・・」と少し罪悪感もあったりする。社会復帰のためにも少し仕事をしてみようかとも思っている。合格できなかった時のヘッジとしても。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 21, 2004

創立記念日

 今日は、大学の創立記念日で学校がお休み。久しぶりに少しお寝坊をして、9時過ぎに起床。娘を小学校に送って帰ってきた奥さんとコーヒーを飲んで買い物に付き合う。
 その後、昼ごはんを食べたら、もう学校に行く時間がもったいない感じになったので、今日は家で勉強する事に決定。実は明日も2コマのうち1コマが休講で、「それをサボれば5連休だ!」という若い人もいたが、私達みたいな脱サラ組は、それはありえないと一蹴。そこに居た、同じクラスの脱サラ組の方も今迄全出席であるとのこと。私も、6月まで仕事で抜けた以外は勿論全出席。学費をコマ数で割ると5000円です、無駄には出来ない・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2004

大雨の一日

 今日は、朝から強い雨が降っていたので、予定通り自習室には行かず自宅で勉強する事に。
 娘の小学校通学にも支障のありそうな雨だったので、最寄の駅まで、車で送っていく。その後、家の調子の悪かった蛍光灯を直したり、棚を買ってきて部屋を整理したりで、あっという間に午後の時間も過ぎていく。結局、娘の帰りも車でお迎えに行く事になり、それで殆ど今日の一日はおしまい。明日は、自習室でちゃんと勉強するぞ、と思いつつも夜は更けていく(汗)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 19, 2004

台風接近の火曜日

 今日は例によって、12346限がある火曜日。台風で雨が強くなっているのを不安に感じながらも、すべて出席完了(途中少し寝ましたが(笑))
 明日は、一日授業が無い日なので家で寝ていようか(もとい勉強しようか)と思っています。明後日は、本学の創立記念日と言うことで休みだそうです。国立大学出身としては、創立記念日と言うのを非常に新鮮に感じます。
 しかし、休講になろうが休みになろうが、コマ数は一定で、先送りされているに過ぎないので、個人的にはちっともうれしい休みではありません。早く進んで、他の事をしたいというのが本音です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠かった1日

 昨日の夜、なんだか頭が冴えてしまって、年金セミナー用のレジュメを作り始めたら完成したのは朝の5時を過ぎていた。それでも眠くなくて、一応布団に入ったけど寝たのは多分1時間未満。
 今日の、刑事訴訟法と民法の授業は半分意識がなくなっていた(苦笑)
 眠い時に寝れるところ無いかな?と思って、大学院の近くを探したら、近所にサウナを発見。15時からだと2000円以下で、23時までサウナに入って横になれそうだ。今度行ってみようと思う。ついでのマッサージもしてもらったりして。本当におじさんだ・・・・(汗)
 収入無いので、そんなには行けませんが。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 17, 2004

レポート作成

 今日(日曜日)は家でまったりと、「法律家のための会計学」のレポートを作成。日経新聞を毎日読んで、興味のある記事を抜き出しコメントをつけるというものであるが、毎日やるのは結構大変。溜めてしまうと、1週間分でも何時間もかかる。
 全色の仕事柄、新聞を読む事は全く苦にならないので、予習も不要な分楽な授業ではある。漫然と読み流していた記事が頭に残るようになったことは思いがけないプラス効果です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小金井公園にてバーベキュー

 今日(土曜日)は、娘の小学校の同級生の家族で、小金井公園にてバーベキューをすることになりました。10家族総勢40人近い親子が集まりましたが、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 我が家にはアウトドア系のグッズはないので、食料品とお酒が用意するもののメインです。結構本格的な、コンロやなべも用意されていて、満足して帰ってきました。飲みすぎたせいか、頭が痛くなって、21時に布団に入ってしまいました。明日は、会計学のレポート作成が待っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2004

一応宿題完了

 今日は、午前中の授業が終わるとすぐに睡魔に襲われて、15時くらいまで自習室で仮眠?その後、思い腰を上げて月曜日提出の課題の作成に取り掛かる。
 この課題、ボールペン手書きが条件なので、一回エクセル(ワードはあまり好きじゃない(笑))で文章を推敲して、それを手書きで写すことに。解答用紙3枚程度、字数にして3千字も無いと思うのですが、手が疲れました。本試験はこれを8科目もやるのかと思うと、手の力を付けておくのも重要な条件になりそうです。筆圧が低くても綺麗に書けるボールペンを調達する必要がありそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西武鉄道の株

 私が今の家(田無)を買ったのは丁度5年前。西武線沿線に住む事になったので、西武鉄道(9002)の株でも買ってみようかと思ったのですが、これが異常なまでに割高の株でびっくりした記憶があります。
 単位株が当時170万円もして、配当が年間たったの5000円。利回りが0.3%で、株主優待も、1700万円買って、切符が50枚だけ。それは魅力の無い株でした。仲良しのファンドマネージャーに聞いても、あそこ(西武鉄道)の株価は説明がつかない、といって手を出すなと言われました。
 YAHOOの株価が1億円に乗った時も、PERが1万倍とかPBRが200倍とか全く説明がつかない状態でした。そして、今ようやく適正株価に戻ってきました。西武鉄道の株は、実際はコクド社が持っている株式を、個人名義にすることで見かけ上株主数を増やし、見かけの浮動株を増やす効果があったようです。固定株主で88%、道理で流動性が低く売り込む事が出来なかったはずです。今日ストップ安で、881円まで下げたようです。上場廃止になるとすれば、適正な300円くらいまで下がるのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2004

タイトな宿題が出ました

 今日、刑事訴訟法の宿題が出ました。論点は、基本的な「おとり捜査の違法性について」、なのですが締め切りが月曜日の朝までと結構タイトです。しかも、手で書くようにと、ワープロを封印されてしまいました。
 成績には加味しないとのことなのですが、こういうのが微妙です。じゃあ出さなくてよいのか・・・・・
せっかくなので、きちんとした解答を作りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2004

覆面仮面の由来?

 いつもと違って?不真面目な話題。
 HNに使っている「覆面仮面」と言うのが、覆面の上に仮面をつけるのは重複である!とのご指摘を多々受けているので、その由来(という程でもないですが)を少し記したいと思います。
 そもそもは、関西の社労士仲間の「覆面戦士」さんと言う方がいらっしゃって(その名のとおりオフ会では正体を隠している)、彼のことを年下ながら尊敬しているという状況が前提にありました。当然他の人々にも尊敬されている(言いすぎ)ので、社労士の集まりやその受験生の集まりでは、どの人が「覆面戦士」さんなのか?と言う話題が出てきます。そして何かの集まりで、受験生の中の一人の女性が、「きっとあの人が覆面仮面さんに違いない!」と全然違う人を指して言っていました。(彼女は合格できたのだろうか?)
 そもそも、ピントはずれの人を指しているし、「覆面仮面」じゃないし・・・・、覆面の上に仮面したら意味ないだろう・・・・ なんだこの娘は?と言うことで私のHNに「覆面仮面」を決定しました。
 自分に無い発想の人は新鮮ですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

魔の火曜日

 今週は火曜日始まりで、いきなり4コマ連続の講義は堪えました。6限目も出ようかと思ったのですが、頭がぼっとして動けなくなってしまいました(苦笑)
 明日(水曜日)は授業が無いので少し寝坊をして、体制を整えたいと思います。しかし、いつの間にか毎日200人以上カウンターが進んでいて、アップをサボれない状況になりつつあります(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2004

運動会参加

 今日(10/10)は、昨日の予定だった娘の運動会が、順延になって開催され、それに参加してきました。台風一過で、天気は晴れで気温は28度にもなるというはずの天気予報は、思いっきり外れて、肌寒い(22度)小雨混じりの天候になりました。
 天気予報を信じて、薄着で参加した親達は完璧に風邪を引いたのでは。私も結構寒くて震えていました。小学校の運動会は、6学年もあるために自分の子供が出ない時間帯は結構間延びします。1時間くらいの合間に、仲良しのお父さんお母さんで、近所の「バーミヤン」に行って、ビールを少々飲みながら談笑。これが一番楽しかったです。
 娘が徒競走で1等になったのはちょっと嬉しかったです(親ばか)。とりあえず、イベントが終了してほっと一息で、明日は少し勉強しようと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2004

台風直撃

 今日は、「最強台風」と言われている台風22号が東京をかすめて行きました。東京の東側では、相当な大雨により打撃を受けたようですが、西側に住んでいる私は、幸いにも雨で娘の運動会が順延になった以外は、影響を受けずにすみました。
 私は、何度も書いていますが、土曜日はオフなので、いつもは自習室で勉強するところを家でのんびり過ごすだけだったので被害は無かったのですが、遠くから今日授業に出てきて休校を知ったクラスの皆さんは、大打撃を受けた模様です(笑)コストと時間をかけて、しかも帰りも大変だったでしょうから、ご愁傷様です。
 私は、、明日台風一過の小学校での運動会に参加する事になっております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2004

朝日新聞の記事

 今日の朝日新聞の記事、絶対ローの人たちは気にしていると思う。もちろん私も。
冗談抜きで、就職活動を始めなければと思ったりもする。しばらくは悶々としそうだ。
-----------------------------------------
■法科大学院の1期生、司法試験合格34% 政府素案 当初構想7、8割と大差
  司法試験最終合格者数

 今年4月に開校した法科大学院(ロースクール)の修了者を対象に06年度から実施される新司法試験で、当面の合格者数についての政府の素案が7日、明らかになった。初年度の合格者数は新試験と現行試験各800人の計1600人で、法科大学院1期生の合格率は34%とする内容だ。司法試験委員会(委員長=上谷清・元大阪高裁長官)はこの案を軸に年内に最終決定する。
 新司法試験の受験は3回まで認められ、最終的には5割が合格する見立てだが当初の「修了者の7、8割が合格」という構想より少なく、法曹養成の中核として創設された法科大学院を修了しても相当数が合格できないことを明示するものだ。
 法科大学院は、現行司法試験は合格率が数%でマニュアル志向の法律家を生むとの批判から、司法制度改革の中で法曹実務家の養成機関として構想された。
 司法試験委は法曹三者ら7人で構成され、法務省に設置されている。法曹の質・量の充実を図る狙いから司法試験合格者を2010年までに3千人に大幅増員することを前提として、その段階まで合格者をどんなペースで増やすか、現行試験と新試験が併存する移行期間(5年間)の両試験の合格者割合をどうするか、などを詰めている。
 素案は法務省がまとめ、7日に同委に示した。法科大学院には法学既習者向けの2年制と、未習者向けの3年制があるが、素案は2年制修了者が新試験を受ける06年度は、新試験と現行試験の合格者を同数とした。3年制修了者の受験も始まる07年度は「新」対「現行」を4対1にして新試験を主流とし、段階的に新試験の合格枠を拡大する内容だ。
 素案と、現在の法科大学院の定員に基づく同省の試算によると、新司法試験の合格率は初年度34%(受験者2346人)、07年度22%(同7387人)、08年度20%でその後も2割程度で推移。修了できず新試験を受けられない学生が続出したり、法科大学院の定員減で受験者が減る可能性は考慮していないが、07年度以降は複数回の受験者も予測して計算している。
 法務省が、初年度の新試験と現行試験の合格枠を同数としたのは、(1)2年制修了者のみが受ける初年度だけ合格率が極端に上がることを避ける(2)法科大学院に行かず、現行試験を選択した学生の質は高いと判断した――などの理由からだ。
 しかし、法科大学院構想にかかわった関係者からは「法科大学院修了者からの合格を基本とすべきで、現行試験組の枠を広げすぎると、法科大学院を法曹養成の中核と位置づける理念から外れる」との異論も出そうだ。
             2004.10.8朝日新聞1面より

| | Comments (4) | TrackBack (2)

October 07, 2004

社会保険労務士の懲戒処分について

 厚生労働省のHPに、こんなのが出てます。

 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1007-1.html

 フルネームで、住所・誕生日も全部出るんですね。犯罪行為ですから当然と言えば当然ですが。
この、助成金の申請というのが曲者で、サクセスフィー(成功報酬)で引受ける場合が多く、もらえないと骨折り損になってしまいます。そのうちに、いんちきをしても受給するという輩が出てくる可能性があると思っておりましたが。折角取得した資格をパーにして犯罪者では割が合わないと思います。私は、社労士登録しても、悪い事はしません(笑)
 こんなに苦労して取得する弁護士(仮定ですが)まで、没になってしまいますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフの水曜日

 前期もそうだったのですが、我がクラスは、水曜日と土曜日に必修が入っておりません。後期の科目選択もこれを踏まえて、水曜日と土曜日を外したので、火曜日に4限連続という事になってしまいました(汗)
 今日は、そのオフの日だったので、ゆっくり朝寝坊をさせてもらい遅い朝食を食べてから登校です。しかし、今日は寄り道をしてしまい、勉強らしい勉強はあまり出来ませんでした(反省)唯一の収穫は、刑事訴訟法の教科書の通読が一通り終わった事です。次は商法の教科書をさっと読みたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2004

長時間授業の火曜日

 先週も書いたのですが、火曜日は連続で4コマ授業が入っていて、6時間連続で講義を受けることになっています。それに追加して、民事訴訟法の判例を読む任意の講義が、18時から1時間半あって、参加しようかどうか非常に迷ったのですが、思い切って頑張ってきました。
 この講義、先生が自発的に申し出て下さったもので、我々未修者のレベルを底上げするために善意でやっていただいております。好意に報いるように、ちゃんと学力をアップさせたいと思います。
 それにしても今日は疲れました・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不調

 今日は、朝の電車から帰りの電車まで、いろんな事がうまくいかない一日でした(詳細省略)。

 最後は、明日の日経新聞メモ(会計学の課題)を打ち出したとき。プリンターが調子悪くインクを外して振ってみたら、部屋中に飛散・・・・・・・・ 買って間もないワイシャツを一枚だめにして、真夜中部屋中大掃除。眠いのに最悪。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2004

大雨の1日

 昨日の快晴と対照的に、朝からずっと強い雨が降っている日曜日。昨日、公園に行ったのは大正解と、自己満足に浸ったりしている(笑)
 今日は、日曜日で自習室も閉まっているので家でごろごろしていた。勉強もあまり手に付かないので、溜まっている新聞を読んだり(レポートを一部作成)インターネットの環境を改善したりしているうちに一日が終わる。
 明日から、また1週間の授業が始まる。刑事訴訟法は少し勉強の貯金があるので、まだ余裕があるが、すぐ追いつかれそうなので、今日も今から少し勉強をしようかなと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家族サービスなど

 今日は、土曜日で自習室は開いていたのですが、久しぶりに天気がすごく良かったので、娘と奥さんを連れて昭和記念公園に遊びに行きました。
 10月とは思えないような日差しの中、ビールを片手に遊びに付き合って、結構疲れてしまいましたが、この半年ローと仕事の関係でなかなか休みを一緒できなかったので、その意味では意義のある一日になりました。
 来週の宿題や、予習が溜まっているので、明日は自宅で少し勉強をする予定です。(予定は未定)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2004

学費の支払い

 今日はロースクールの後期学費の支払いの日でした。626千円。朝一の引き落としと言うことだったのですが、夕方まで、残高が残っていて手続きを間違えたのかと思いましたが、今ネットで確認したら確かに落とされていました。

 これで、来年の3月までの授業料は納付済みです。しかし手持ちの資金が、思ったより速いスピードで減っていきます。何がしかの収入の道を拓いて置かなければ、三振どころか一振で資金枯渇になりかねません。勉強と仕事の両立は喫緊のテーマです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »